ダッシュ B

blog_image_large_LADOT_DASH_B

ダッシュ Bはロサンゼルス ダウンタウンの西側の主な見所を巡るにはちょうど良い路線。坂が多いところを走ってくれるので、うまく使えば、きつい坂道を徒歩で上り下りしなくてすむ。

  • 【ウェブサイト】 LADOT DASH Downtown Los Angeles
  • 【営業時間】 土、日曜日休み。平日:5:50AM~6:30PM。(8分に1本の間隔で運行)。

<スポンサーリンク>


ダッシュ Bの情報

blog_image_small_LADOT_DASH_B03

DASH Bの停留所

ロサンゼルス市が運営する市営バス。LADOT (Los Angeles Department of Transportation)と呼ばれていて、バスのニックネームはダッシュ(DASH)。

ダッシュ Bはロサンゼルス ダウンタウンを南北に走る路線で、北はチャイナタウンから南はファイナンシャル ディストリクトまでを周遊する。

チャイナタウンは1800年代後半から、中国からの移民によって作られてきた街。本格的中華料理店や、お土産物屋が並ぶ。また、そのちょっと北側には歴史的な古いチャイナタウンとして今でも現役でがんばっているエリアがある。

ところが、今では中国系移民はロサンゼルスから車で30分程度の東の郊外の町、Monterey Park, Rosemead, Hacienda Heightsといったところに移っていて新しいチャイナタウンを形成している。

ファイナンシャル ディストリクトは、大手企業の本社や金融の機能が集まった街で、ダウンタウン中ほどにある。いわゆるビジネス街で高層ビルが立ち並ぶところ。ロサンゼルスは土地が広いので、あまり高層ビルを建てる必要性がないのだが、この地域にはビジネスの機能が集中している。

blog_image_small_LADOT_DASH_B02

バス車内の様子

ダッシュ Bはロサンゼルスの見所を多く経由し、ロサンゼルスダウンタウンの坂の多い場所を走ってくれるので、うまく利用すれば効率的に見所を見ていくことができる。同じ路線を何度か乗り降りすることになるが、路線に沿って見所を見ていくというのも一つの手。

ダッシュの料金はとてもリーズナブルで一回の乗車で50セント。乗車距離は関係ない。停留所は往路も復路も大体同じようなところにあるので、反対方向に行きたいときには道を渡り反対車線に行けば、逆行きの停留所がある。

バスの利用方法についてはダッシュバスはどれも同じなので、乗り降りの仕方などはダッシュ Eの記事もあわせて確認。

片道約30分、一周約60分ほどでグルグル周回している。大体8分に一本出ているので、ちょっと待つとすぐ次のバスが来る。週末は運休するので気をつける。


ダッシュ B バス停と付近の見所


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


LADOT DASHの地図

<スポンサーリンク>