メトロ ラピッド 704

blog_image_large_metro_rapid_704

ロサンゼルス ダウンタウンとサンタ モニカを往復している急行バス。日本ではあまり見かけることがない2両編成のバスで十分に座席が用意されている。旅行者にとっては料金が安い上に、見所を多くカバーしているありがたいバス。

<スポンサーリンク>


メトロ ラピッド 704番線の情報

blog_image_small_metro_rapid_704_01

バス車内の連結部分

ロサンゼルス旅行での人気スポット、ロサンゼルスダウンタウン、ビバリーヒルズ、サンタモニカの各エリアをカバーしている路線バス。

メトロバスには大きくローカル(普通)、ラピッド(急行)の二つがあって、料金は一緒。ローカルは細かく停車するが、ラピッドは停車ヶ所が少ない。

地元住民も利用する一般のバスで、普通の道路を走る。始点から終点までは、交通事情にもよるが、片道だいたい約2時間ほど。朝夕のラッシュ時には2時間を越えることもある。往復すると4時間以上バスに乗ることになるので、貴重な時間を無駄にしないよう旅程をうまく調整する。

車を運転しない旅行者にとっては、広いロサンゼルスを移動する手段として重宝する。途中メトロレール レッドラインのVermont / Santa Monica駅と接続しているのであわせて利用したい。

blog_image_small_metro_rapid_704_02

ユニオンステーションの5番停留所

西行き始発のユニオンステーションには新しいバス専用エリアがあって、発音が難しいがパトサウラス トランジット プラザ(Patsaouras Transit Plaza)と呼ばれている。

ユニオンステーションの列車への各プラットフォームをつなぐ地下道の一番突き当たりにあって、大きなホールのようになっているところ。地上階に出るとバスが待っている。

バスの行き先によって1番から9番まで停留所があって、ラピッド704番線は5番停留所。他にメトロ ローカル40番線と442番線とも停留所を共有しているので間違えないように注意する。

ラピッドバスは赤い2両編成のバスなので見た目で分かりやすい。バスの正面の行き先案内板に704と番号と行き先が大きく出ている。午前中お昼くらいまでは、同じ704番線でも途中Westwoodで止まってしまう便もあるので、サンタモニカに行きたいときには行き先に注意。

blog_image_small_metro_rapid_704_03

他路線と共有の704番線バスの停留所。

西行き始発のユニオンステーション、東行き始発のSanta Monica / Ocean停留所ともに、終点ともなっているので、多くの人が一斉に降りてくる。

そのときに時間調整などのために、人を乗せずにバスが回送となって行ってしまうことがあるが心配は要らない。すぐに乗車できるバスが来るのであわてない。

回送かどうかは運転手に聞くのが最も早いが、よく分からなければ、一緒に待っている人たちが乗り込むのを見て、あとに続いて乗車すると良い。

途中下車をする人は降りるときに、帰りのバスの停留所の場所を確認しておくとよい。停留所には看板があって、704と書いてあれば大丈夫。停留所は往路と復路で微妙に違うところに立っていることが多く、通常は交差点を超えたところにある。待合のベンチがある停留所は位置が分かりやすいが、ないところもある。そんなときには人が集まっているところを目指すと発見できる。


メトロ ラピッド 704番線 バス停と付近の見所

ロサンゼルス → サンタモニカ方面 (西行き)。 *復路サンタモニカ → ロサンゼルス(東行き)は逆順。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


メトロ バス路線図

<スポンサーリンク>