ダッシュ E

blog_image_large_LADOT_DASH_E

ロサンゼルス ダウンタウンを走る路線バス。DASHは比較的狭い範囲を周回する。ダウンタウンの主だったところをカバーする路線がA, B, D, E, Fの5つあって、その中でEはファッション ディストリクトに出かける際には便利な路線。

  • 【ウェブサイト】 LADOT DASH Downtown Los Angeles
  • 【営業時間】 平日:午前6時半から午後7時まで(5分に1本の間隔で運行)。土曜日:午前6時半から午後5時まで (10分に1本の間隔で運行)。日曜日:午前10時から午後5時まで (15分に1本の間隔で運行)。

<スポンサーリンク>


ダッシュ Eの情報

blog_image_small_LADOT_DASH_E01

DASH Eの停留所

ロサンゼルス市が運営する市営バス。LADOT (Los Angeles Department of Transportation)と呼ばれていて、バスのニックネームはダッシュ(DASH)

DASHはダウンタウン以外でもロサンゼルス市が所管する多くの地域で運営されていて、市民の足になっている。

ロサンゼルス ダウンタウンには見所がたくさんあって、そこそこの広さがあるので、徒歩で見てまわるのは普通の人にはとても大変。

ロサンゼルスは極度な車社会で、日本の東京、名古屋、大阪などのような地下鉄があるわけでもないので、車を運転しない人や旅行者には、あまり便利な街だとは言えない。ニューヨークのマンハッタンのような流しのタクシーなどもほとんどいないため、バスを足代わりに効率的に使いたい。

blog_image_small_LADOT_DASH_E03

運転手横の料金箱

ダッシュの料金はとてもリーズナブルで一回の乗車で50セント。乗車距離は関係ない。クオーターコイン2枚で好きなところまで行ける。ワンマンバスなので、乗車時に運転手の横にある料金箱にコインを投げ入れる。ダウンタウンには主にメトロのバスと、ダッシュのバスが走っている。より細かい範囲を走り、停留所も多いのがダッシュ。また、メトロレールやメトロバス、ダッシュの他の路線とも接続しているので、うまく利用して、バスを味方につけることで行動範囲がグッと広がる。

ダッシュEは主にファッションディストリクトをカバーするバスで、一定の路線を周回する。数百メートルごとに停留所があるので、バス停を探して長距離を歩かないでも済む。車内に路線図のパンフレットがおいてあるので、一枚もらっておくととても重宝する。

blog_image_small_LADOT_DASH_E02

降りるときにはこの紐を引っ張る

日本のバスは降車ボタンがあるが、それの代わりになるものが窓横に設置されている紐。これを引っ張るとSTOP REQUESTEDのランプがついて、バスが停まってくれる。

停留所は往路も復路も大体同じようなところにあるので、反対方向に行きたいときには道を渡り反対車線に行けば、逆行きの停留所がある。片道約40分、一周約80分ほどでグルグル周遊しているが、一応終点があって、Trinity & Washingtonでは時間調整のため、全員降りる。

また、平日、土曜日は約5~6分ごと、日曜日は約15分ごとにバスが来るので、あわてなくてもちょっと待てば乗車できる。平日と土曜日は午前6時半から午後5時までの運行、日曜日は午前10時から午後5時までの運行。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


LADOT DASHの地図

<スポンサーリンク>