パシフィック水族館

blog_image_large_aquarium_of_the_pacific

南カリフォルニアで最大規模をほこる水族館。屋内では巨大な水槽やさまざまな展示を見ることができ、屋外では魚を触ってよい水槽や鳥と戯れるコーナーもある。小さな子供は目を輝かせ珍しい海の生物に大興奮。

  • 【ウェブサイト】 Aquarium of the Pacific
  • 【住所】 100 Aquarium Way, Long Beach, CA 90802
  • 【電話】 (562) 590-3100
  • 【営業時間】 毎日: 9:00AM~6:00PM、(クリスマスとロングビーチグランプリは休み)
  • 【料金】 大人:$28.95、シニア(62歳以上):$25.95、子供(3~11歳まで)$14.95
    (その他のツアーと組み合わせると安くなる。詳細はこちら。
  • 【駐車場】 パーキングのチケットを水族館でスキャンすると8ドル。それ以外は30分2.75ドル(最大15ドル)
  • 【アクセス】 ロングビーチ ダウンタウン駅 (メトロ ブルー ライン) → Pacific & Ocean 停留所 (ロングビーチ トランジット パスポート) → Aquarium of the Pacific 停留所 目の前

<スポンサーリンク>


パシフィック水族館の情報

blog_image_small_aquarium_of_the_pacific01

クジラの実物大オブジェ

1998年にオープンした水族館。年間150万人の人が訪れ、約300人のスタッフと600人前後のボランティアで運営されている。大きな組織だが非営利団体。

入り口正面にクジラの実物大模型が飾られている。実物の大きさに圧倒される。こんなのが泳いできたら相当怖い。

館内では主に小さめの魚を鑑賞できる。地域ごとに活動領域が異なる魚を分類して展示がされている。深海の魚もいる。ちょっと見た目が奇妙。

魚はどれもカリフォルニア近海で見られる魚をそろえていて、ダイビングをする人にはおなじみの魚が多いということ。

blog_image_small_aquarium_of_the_pacific02

巨大なHonda Blue Cavern

一番奥には巨大水槽があって、多くの魚が自由に泳いでいる。この水槽には日本のHondaがスポンサーをしている。

ここにダイバーがもぐって餌付けをしたり、海の生物の生態について解説するHonda Blue Cavern Diveというイベントを1日に何回か開催している。詳しくは入り口でもらえる小冊子の中のショースケジュールを確認。そのほかのイベントも詳しく書いてあるのでいろいろ試してみるとおもしろい。

500 種類以上の水生生物が1万点以上展示されていて、どのコーナーも凝ったつくりになっている。磯にいる魚は荒い波にもまれながら生活しているので、その状況 を再現するように波を激しく作っている水槽があったり、深海魚は明かりを落として水圧を上げた水槽にしたり、海草の間で暮らしている魚には、海草をたくさん植えたり、 などなど大変な苦労が見える。

館外ではラッコ、アザラシ、ペンギンなどの大き目の動物や、サメなどの大きな水槽が必要なものを見ることができる。今年ペンギンの赤ちゃんが生まれたということでニュースになっていた。

サメにもいろんな種類がいて、小さなものは浅い水槽で触らせてくれる。子供が喜びそうなエリア。指2本だけで触ってね。と注意があって、恐る恐る触ってみると、意外とやわらかい。 サメもなれているのか、触られても暴れることもなく、悠々と泳いでいってしまう。小さなエイも一緒にいて、これも触ることが出来る。

blog_image_small_aquarium_of_the_pacific03

子供向けの絵本も充実

教育にも力を入れていて、先生に引率されて小学生がクラスごとに見学に来る姿をよく見かける。中には水槽の中を泳ぐ魚を初めてみる子供もいるようで、魚を指をさしながら興奮して喜んでいる。

そのほかにもさまざまな教育プログラムが組まれていて、水槽の裏側を見せてくれたり、実際に魚や動物の世話をさせてもらえる。

水族館の中で一夜を過ごすお泊り会も企画されたりする。夜中や朝方に活動する水生生物を観察することが出来る。

また、水族館を離れて、海へボートで出かけて実際の魚を見に行ったりする企画もある。このあたりの海域には、イルカがたくさん住んでいて、船が来ると一緒に泳いだりジャンプしたりして楽しませてくれる。沖に2~3時間かけてクジラを見に行くツアーもあって誰でも参加できる。参加したい人はチケットを買うときにGray Whale Watchもあわせて購入するとディスカウントになる。

館内には小さな映画館があって3Dメガネをかけて映画を見る。(4ドル)子供たちに大人気のディズニー映画ファインディング・ニモに似た映画だが、どちらかというと教育的な構成になっていて、最後は海を大切にしましょうというメッセージとともに終わる。久しぶりに3D映画を見ると、これがなかなかの迫力。子供だけでなく、大人にもおすすめ。いくつかタイトルがあって、最近新しいTurtle Vision 4Dが登場した。どれも20分程度の短いものになっているので、気軽に見れる。

お土産も充実していて、小さな子供には絵本や、魚のぬいぐるみなどが人気。日常使うお皿やスプーンなどの食器やアパレルも水族館っぽくて珍しいものもおいてあるので、覗いてみて。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロングビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>