メトロ ゴールド ライン

blog_image_large_gold_line

ロサンゼルス ダウンタウンからパサディナに向かうときに便利なゴールドライン。現在、延長工事中で2016年には東に5駅分ほど延長する予定。延長工事の完成後は更に東へ7駅分延長予定。

<スポンサーリンク>


メトロ ゴールド ラインの情報

blog_image_small_gold_line01

Union Station の Gold Line 入り口

ゴールド ラインはイースト ロサンゼルス地区からダウンタウンを経由して、パサディナまでを結ぶライン。元々は1885年から運行していたLos Angeles and San Gabriel Valley Railroad が前身。

最初に2003年にUnion Station – Sierra Madre Villa 間を開通し、ダウンタウンとパサディナが結ばれた。

2009年にはUnion Stationから南東に伸びる区間が完成し、Atrantic駅まで延長され、現在の形となっている。

この工事により、途中リトル東京を経由することになった。そのため、やや停滞気味だったリトル東京が再び活況を呈するきっかけになった。

ゴールド ラインは基本的に路面電車であるが、Soto駅とMariachi Plaza駅は地下鉄となっている。

旅の始点Union Stationでは地上の1A番線、2A番線プラットフォームを使用している。同じく地上には中距離列車のメトロリンク、長距離列車のアムトラックの地上プラットフォームもあるが、ゴールドラインのプラットフォームは黄色い丸いマークがあるので分かりやすい。全面的に地下を走るレッドラインやパープルラインと入り口が異なるので注意。

blog_image_small_gold_line02

Pasadena中心地へは Memorial Park駅からすぐ

ピーク時には1時間当たり10本くらいの電車が出ている。時刻表も「6分ごとに運行」とざっくりした記載になっている。ラッシュ時は日本の大都市圏に負けないくらい混雑した通勤電車となる。終電は午前2時過ぎ、始発は午前3時過ぎと、ほぼ一日中運行しているため便利。

車体はLight rail あるいは light rail transit (LRT)と呼ばれる比較的小さな列車で、AnsaldoBreda P2550 というイタリア製の列車。

パサディナの中心へはMemorial Park駅を利用する。駅を降りるとすぐ左手に有名なパサディナ市庁舎が見える。人気のオールド パサディナやワンコロラドへも徒歩圏内。

パサディナ市内を走る区間はどの駅もユニークで、落ち着いた雰囲気とかわいらしさを併せ持ったデザイン。ディズニーランドを周遊する鉄道の駅と雰囲気が似ているような気もする。

blog_image_small_gold_line03

延長工事も順調に進む

現在パサディナの終点はSierra Madre Villa駅だが、このあたりは、210番フリーウェイの中央分離帯部分を列車が通るようになっている。

この210番フリーウェイは東に伸びていて、サン バーナディーノ郡までつながっている。2016年には路線が延長される予定になっていて、同じく210番フリーウェイの中央分離帯を走ることになっている。

すでに延長工事も進んでいて、終点付近にはちょっとしたフェンスで区切りがされているだけで、線路は先に延びているのが分かる。

増え続ける車の交通渋滞を緩和するために、次々と路線を延長しているゴールド ラインであるが、旅行者にとっては主としてパサディナを訪れるときに利用したい電車。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


メトロ レール路線図

<スポンサーリンク>