ケイ & エル ワイン マーチャンツ

blog_image_large_K&L-Wine-Merchants

カリフォルニア産ワインから世界のワインまで圧倒的な品ぞろえ。ワイン好きの人はハリウッド観光のついでに是非とも立ち寄りたいお店。珍しいワインはお土産にも最適。

<スポンサーリンク>


ケイ & エル ワイン マーチャンツの情報

blog_image_small_K&L-Wine-Merchants01

店舗外観

1976年にサンフランシスコのスタンフォード大学にほど近いレッドウッドシティーで創業。現在でもこのお店は本店として営業していて、そのほか、サンフランシスコ市内店と、ロサンゼルスのハリウッド店の計3店舗を構えている。

カリフォルニアは有数のブドウの産地でワイン製造が盛ん。サンフランシスコ郊外ではナパ バレーやソノマ カウンティーなどに有名ワイナリーが密集していてワインカントリーと呼ばれている。

ロサンゼルス近郊ではテメキュラ市が有名。30以上のワイナリーがあって、10~15ドルほどでワインテイスティングが楽しめる。車で直接ワイナリーを訪ね歩くのも楽しいが、お酒を飲むことになるので、バスツアーなどに参加すると余計な心配をせずに飲み歩くことができる。

日系の旅行会社などでもテメキュラのワイナリーツアーは人気の催行だが、現地のバスツアーに参加すると効率よくワイナリーを巡ることができる。Grapeline Wine Tours ランチ付のピクニックツアーもある。

blog_image_small_K&L-Wine-Merchants02

カリフォルニアワインも充実

ワイン製造が盛んだという土地柄もあって、ワイン好きなアメリカ人も多く、ブリストル ファームストレーダー ジョーズホール フーズ マーケットエラワン ナチュラル フーズ マーケットといったグルメスーパーを中心にして、一般スーパーも含め多品種で大量のワインが販売されている。

ベブモ! (ビバレッジズ & モア!) のような酒類のディスカウントストアも人気で、リーズナブルな料金でワインを楽しむことができる。

日本でもカリフォルニアワインの人気は高まっているが、日米価格差が大きい商品で、日本国内で買うとなると、どうしても割高感がある。日本の業者が輸入をする場合、円安局面になると価格転嫁が避けられず、カリフォルニアワインのファンであっても次第に縁遠くなってしまう。

そんな時、旅行のついでに、自分の楽しみとして、あるいはお土産用としてワインをアメリカ現地で購入する人が増えている。ケイ & エル ワイン マーチャンツには日本ではあまり見かけない珍しいワインも並んでいて、リーズナブルなものも多いので2~3本買ってワイン好きの人にプレゼントしてあげると喜ばれる。日本国内で購入するより半額程度になる商品もあって、お財布にも優しい。

blog_image_small_K&L-Wine-Merchants03

世界のワインが楽しめる

店内では白ワインのChardonnay、Sauvignon Blanc、赤ワインのCabernet Sauvignon、Pinot Noir、Zinfandel、Merlotなど種類ごとに分類されていて買い物しやすい。

商品にはワイン業界ではおなじみのパーカーポイントが表示されているものもあって、高得点のワインは特に人気。

また、世界のワインが集結していて、最近人気が上昇しているアルゼンチンやチリ、南アフリカ産ワインも豊富に取り揃えている。

このお店では日本への商品の発送も行っている。送料はこちら。ちなみにワインを日本に持ち帰る場合、一人3本(1本あたり760ml程度)までであれば免税。それ以上でも通関で税金を払えば持ち帰れる。ワインの税金は他のお酒と比べるとさほど高くない。海外旅行者の皆様へ 通関案内。

英語での買い物に不安がある方は、ロサンゼルスで日本人が経営する発送専門のワイン屋さんがある。小さなワイン屋さん。(日本国内のみ視聴可)


MillenniumHollywood Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ハリウッド周辺の地図

<スポンサーリンク>