ヒース セラミックス

blog_image_large_Heath-Ceramics

サン フランシスコの有名なゴールデン ゲート ブリッジの北側にあるサウサリートという街に本社工場がある陶器メーカー。艶消しの淡い色合いやデザインの持つ温かい風合いが人気で、陶器ファンの間で高い評価を得ている。

  • 【ウェブサイト】 Heath Ceramics
  • 【Facabook】 Heath Ceramics
  • 【Twitter】 Heath Ceramics
  • 【Pinterest】 Heath Ceramics
  • 【Yelp!】 Heath Ceramics Los Angeles
  • 【ロサンゼルス店住所】 7525 Beverly Blvd, Los Angeles, CA 90036
  • 【電話】 (323) 965-0800
  • 【営業時間】 月~水:10:00 AM ~ 6:00 PM。木:10:00 AM ~ 7:00 PM。金、土:10:00 AM ~ 6:00 PM。日:12:00 AM ~ 6:00 PM。(店舗により多少異なる。)

<スポンサーリンク>


ヒース セラミックの情報

blog_image_small_Heath-Ceramics01

ロサンゼルス店舗外観

イーディス ヒースさんによって創業された陶器メーカー。古い作品は美術館にも展示されるほど高い評価を得ている。

彼女は1911年生まれ。アイオワ州の出身でシカゴで陶芸を学んだ。結婚を機にサン フランシスコに移り住み、高校の美術教師になった。その後も陶芸の勉強は続け、自身の工房にて商品を作り始め、1948年にサン フランシスコでお店を開いた。

開店からわずか一年後には10万点の商品を生産するまでにお店は成長している。現在ではアメリカ国内のみならず、世界に向けて出荷されている。

2003年に会社は売却されて、現在は別の経営者になっている。彼女は2年後の2005年に他界しているが、作品の特徴や精神は新しい経営者にも受け継がれている。

大量生産をするために、ロクロを回す製造方法ではなく、型抜きして作られる方式をとって品質を安定させている。ただ、工業製品のような商品にはしたくないということで、一つ一つの工程に人の手が大きくかかわっている。そのため、それぞれの商品には温かいハンドメイド感がある。

デザイン性が優れていることや職人の手間がかかることもあって、一般的な陶器と比べるとやや高めの値段設定。日本への出店はないが、全国のビームスで扱っていて店舗のほかネットでも購入することができる。BEAMS Online SHop

blog_image_small_Heath-Ceramics02

厚みのある重めの食器類

お皿やカップ、ボールなどの食器のほか花瓶や塩・コショウの小瓶、砂糖・ミルクさしなどもある。オーブン、電子レンジ、食器洗い機に対応しているため日常使いに便利。

肉感のある厚い陶器が多く、色合いも中間色を中心としたアースカラーが特徴。商品を持った感じは重くずっしりとしている。

アメリカでは食事の作法としてカップ以外の食器は持ち上げない。そのため、フォークやナイフで食事をとる際に、食器がずれないように手で押さえたりする必要のない重めの食器が重宝される。

日本では茶碗やお椀を口元まで運ぶのが当たり前だが、これをやると無作法に映るので注意。また、食器自体そのような用途向きに作られていないので、軽くて扱いやすい食器を好む日本人には重くて使いにくいと感じることもある。

作品は多くの有名レストランでも採用されていて、サンフランシスコ市内のFrancesCOI Restaurant、バークレーにあるChez Panisseなどの高級レストランで使われている。

ファイン ダイニング以外でも採用例は多く、ヒース セラミックスの本店内にもキオスク型の店舗を置いているブルー ボトル コーヒーや、2010年にオープンして以来急速に人気を獲得しているチョコレート専門店Dandelion Chocolateなどでも使われる。

blog_image_small_Heath-Ceramics03

深みのある色合い

これらヒース セラミックスを採用しているお店はそれぞれ分野が異なり、提供する商品も違うが、日本の職人気質に通じるこだわりを持っている点においては似たような雰囲気を醸し出している。

何か一つのこだわりに打ち込むオタク的気質は、アメリカ人にとっては尊敬の対象となり得る姿勢であったりする。実際、アメリカ人は日本から多くのことを学んでいる。いろいろな分野で日本人より日本人らしいアメリカ人に出会うこともあるほど。

日本にある良いものは、当の日本人には当たり前すぎて見過ごされがち。そんなことをアメリカ人はヒントにして、本国でより一般に受け入られる形に味付けし直す。日本に逆輸入される商品やサービスも多い。

本店のあるサウサリートでは正規品の販売店のほか、アウトレット店もあって30%オフくらいになっている。傷が大きく目立つものは70%オフくらいになるものもある。

工場見学もできるので、興味のある方は以下をチェック。本店のほか、一部サンフランシスコ店にも工場見学がある。事前に予約した方が良い。料金は無料。

本店の情報
【住所】 400 Gate Five Rd, Sausalito, CA 94965
【電話番号】 (415) 332-3732

サン フランシスコ店の情報
【住所】 2900 18th St, San Francisco, CA 94110
【電話番号】 (415) 361-5552


Andrew Haskin Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ミッド ウィルシャー周辺の地図

<スポンサーリンク>