アーバイン ファーマーズ マーケット

blog_image_large_Irvine-Farmars-Market

日本人が多く住むアーバインで20年続くファーマーズマーケット。毎週土曜日に開かれている。週末の朝、散歩のついでに訪れるのにちょうどよいサイズ。地元の人たちが新鮮な食材を求めて集まってくる。

  • 【ウェブサイト】 Orange County Farm Bureau
  • 【Yelp!】 Irvine Farmers Market
  • 【営業時間】 毎週土曜日 朝8時~お昼12時まで
  • 【住所】 5001 Newport Coast Dr, Irvine, CA 92603 (Mariners Churchの駐車場の一角)
  • 【駐車場】 無料。

<スポンサーリンク>


アーバイン ファーマーズ マーケットの情報

blog_image_small_Irvine-Farmars-Market03

Mariners Churchの駐車場が会場

アーバイン ファーマーズ マーケットは今年で20周年を迎える。

以前はすぐ隣のカリフォルニア大学アーバイン校の一部を借りて行われていたが、場所が手狭になったので、2014年の12月に新しい場所に引っ越した。

現在はMariners Churchという立派な教会の広い駐車場の一角で行われていて、十分な駐車スペースと店舗スペースが確保されている。現地に行くと、駐車場の誘導員がいるので、指定された場所に駐車する。

多くの人が集まるため、アパレルやアクセサリ類を販売する業者や個人も出店を希望するのだが、ファーマーズ マーケットなので、できるだけ農家優先で入店をしてもらっている。広いところに引っ越したとはいえ、すでに出店スペースは満杯で、農家であってもウェイティングリストに載せなければならないほど。

blog_image_small_Irvine-Farmars-Market01

散歩にちょうどいい規模

ファーマーズ マーケットの規模としては、オレンジカウンティーでは最も大きなものの一つ。

ちょうど良い大きさで、大体1時間程度で全部のお店をブラブラ見て歩くことができる。コンパクトにまとめられていて、長距離を歩き回らなくてすむこともあって、小さな子供を連れた家族連れから高齢者まで幅広い年齢層の人たちが集まる。

バラエティーに富んだ品揃えで、季節の野菜や果物、蜂蜜から中国野菜や日本のニラなども手に入る。美容にも良いと言われるアボカド オイルや、豊富な種類のドライフルーツやナッツ類、生花やサボテン、鉢植えの木なども置いてある。

焼きたてパン、バターの代わりにパンやチップスにつけて食べるディップ類やジャム類、ソーセージ、ヨーグルト、バターなどの加工品も多くそろっている。

blog_image_small_Irvine-Farmars-Market02

6月はチェリーの季節

ロサンゼルスの4~5月はイチゴの最盛期。真っ赤に色づいたおいしそうなイチゴがあちこちで売られている。日本のイチゴと異なり、多少酸味があって大味だが、ひと箱に大量に入って安いのでおすすめ。

6月になるとサクランボの季節になる。さまざまな種類のチェリーが並ぶ。ロサンゼルス各地でチェリー祭りなども開かれる。時期が重なるようにして桃もおいしくなる。

カリフォルニア オレンジやレモン、ミカンなどの柑橘系の定番商品は、ファーマーズマーケットに行くといつでも置いてある。

会場の一番奥にはフードコートも用意されていて、あまり数は多くないが約10件ほどのテイクアウトのお店が並んでいる。

ドーナツ店などのスイーツ、コーヒー・紅茶のお店、オムレツなどのアメリカンブレックファースト、あるいは朝からバーベキューやハンバーガーのお店もある。毎回、入れ替わるお店もあるので、朝食を物色するのも楽しい。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


アーバイン周辺の地図

<スポンサーリンク>