インディアン キャニオンズ ゴルフ リゾート

blog_image_large_Indian-Canyons-Golf-Resort

クラシックな北コースと近代的な南コースの36ホール。リゾート地パームスプリングスにあって、昔はプライベートコースだったことから数々の著名人たちも利用した由緒あるゴルフコース。

<スポンサーリンク>


インディアン キャニオンズ ゴルフ リゾートの情報

blog_image_small_Indian-Canyons-Golf-Resort01

芝生から打てる練習場

1961年にオープン。パームスプリングスのなかでは、比較的早い時期にできた草分け的ゴルフコース。北コースと南コースの合計36ホールあって、昔からあるのは北コース。

かつてはプライベートコースだったが、現在ではセミ プライベートコースで、一般にも開放されているし、メンバーになることも可能。

北コースの設計はウィリアム ベル。

サンドパイパー ゴルフ コースのほか、インダストリーヒルズ ゴルフ クラブや、サンディエゴにある有名なトーリーパイン ゴルフ コース、パームスプリングのバミューダ デューンズ カントリー クラブなど100を超えるゴルフコースを設計した。

南コースは2004年オープン。設計はケーシー オキャラハン。

ロサンゼルス郊外の高級住宅地ニューポートビーチを拠点として、主にロサンゼルス周辺地域のゴルフコースの設計やリモデルなどを精力的にこなしている。アナハイム ヒルズ ゴルフ コースのほか、アロヨ トラビューコ、ビッグ キャニオン、フレンドリー ヒルズ、ウッドランチなどを手掛け、パブリック、プライベートを問わず幅広く活躍している。

blog_image_small_Indian-Canyons-Golf-Resort02

平坦な北コース

北コースはクラシックなコースレイアウトになっていて、起伏の少ないフラットなコース。

池が数か所に配置されているが、ハザードも少なめで、難易度としては低め。ゴルフ初心者でも十分に楽しめる。リゾート地でのひと時を過ごすにはもってこい。

南コースは一転、近代的なコースデザインで、チャレンジングなゴルフを楽しめる。全体的には起伏は少ないが、ハザードやコブなど意図的に難易度を挙げているセッティングが随所にみられる。

グリーンもアンジュレーションに富み、攻略は難しい。中~上級者向きで、ゴルフをスポーツとして本格的に楽しみたい方向け。

blog_image_small_Indian-Canyons-Golf-Resort03

有名人たちが利用したレストラン

今となっては、パームスプリングスには数多くのゴルフコースが作られて、一般人が多く訪れるゴルフ天国&リゾート地となっているが、当時は冬場の避寒地として、お金持ちが集まる社交場としての役割を担っていた。

当時のセレブ達は数少ないゴルフコースに殺到して、ゴルフを楽しんでいた。中でも往年の大歌手フランク シナトラはこのコースの大ファンで、足しげく通った。そのほかにも映画などで活躍したジャック・ベニーやボブ ホープなども常連。

歴代のアメリカ大統領クラスの要人たちも、こぞって訪れた。ドワイト D アイゼンハワー、リンドン ジョンソン、ロナルド レーガンなど歴史の教科書などでおなじみの面々もこのコースでプレーした。

ウォルト ディズニーもこのゴルフ場横の家を所有していたことがあって、9番ホールと18番ホールの間にある池の噴水は彼から贈られたもの。この噴水は今でも現役で使われている。土台には水に浮かんだスイレンの葉をイメージしたオブジェがある。


bcannedy Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ゴルフ場マップ

<スポンサーリンク>