ウエスト エルム

blog_image_large_westelm

センスの良い家具や小物、雑貨を扱うインテリア ショップ。第一号店がニューヨークのブルックリンというだけあって、扱う商品が都会的な雰囲気に包まれている。

  • 【ウェブサイト】 West Elm
  • 【Facabook】 West Elm
  • 【Twitter】 West Elm
  • 【クーポン】 Coupons.com
  • 【営業時間】 月~土:10:00 AM ~ 9:00 PM。日:11:00 AM ~ 6:00 PM。(店舗により多少異なる。)

<スポンサーリンク>


ウエスト エルムの情報

blog_image_small_westelm01

店舗外観

ウェストエルムは2002年にウィリアムズ ソノマの子会社としてスタートした。

ウィリアムズ ソノマは高級キッチン ウェアなどを主力商品としているお店で、顧客も裕福な人々が多い。

同じ子会社のポッタリー バーンが自然派のインテリア ショップであることに対し、ウェスト エルムは都会派のインテリア ショップといった感じ。

アメリカでショッピングをする予定でインテリアに興味のある方は、ウィリアムズ ソノマ、ポッタリー バーン、ウェスト エルムの3店は是非とも巡っていただきたいおすすめ。

blog_image_small_westelm02

屋外用家具も提案

ポッタリー バーンの姉妹店には子供用家具店のポッタリー バーン キッズというお店もあって、モデルルームや映画のセットかと思えるような品揃えをしている。

子供向けということで、女の子用にかわいいコンセプトだったり、男の子用にかっこいいコンセプトだったりする。

一般的な子供用というイメージとは一線を画し、キャラクターに頼った安物家具の類は一切扱わず、子供らしさを失わない絶妙な提案がうけ、大反響を呼んだ。

良家の子供たちをイメージした本格家具を扱っていることもあって、子供たちにも人気だが、何よりも買い揃えてあげた親たちの満足度が大きい。写真などはpottery barn kidsのホームページで。

blog_image_small_westelm03

小物や雑貨もかわいい

この成功に気を良くしたウィリアムズ ソノマは新しいコンセプトとしてウェスト エルムを提案した。

これがまた目の肥えた顧客に歓迎され、次々と新店舗を展開するに至り、全米に約60店舗、プエルトリコやロンドン、シドニーなどにも展開している。

インテリアを彩る小物や雑貨も多く扱っていて、クッションなどは色も形も品が良く、肌触りも快適な良品が多い。

しっかりした商品ということになると、どうしてもお値段は高くなってしまうのであるが、消費社会のアメリカにあっても、実は良いものを長く使っていきたいと思っている人は多い。

ヨーロッパ系の移民も多かったりする影響か、どちらかというと保守的とも思える人たちに熱狂的なファンが多い。この層のアメリカ人とは日本人も相性が良く、職人気質を理解する感性も似ていたりする。そんなこともあるからか、ほとんどの日本人旅行者には好評のお店。


West Elm Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス近郊のウエスト エルム

<スポンサーリンク>