ウィリアムズ ソノマ

blog_image_large_Williams-Sonoma

ハイエンドのキッチンウェアを販売しているお店。家具やリネンなども販売し、トータルで食の舞台を演出している。どの店舗も商品のディスプレイに力を入れていて、さまざまなアイデアを提供している。

<スポンサーリンク>


ウィリアムズ ソノマの情報

blog_image_small_Williams-Sonoma01

店舗外観

1956年、サンフランシスコ郊外の街ソノマにてウィリアムさんが創業したお店。ソノマはカリフォルニアワインの生産地として有名な街ナパに隣接している街。

ソノマにも有名なワイナリーが点在していて、ワイナリー巡りツアーはサンフランシスコ観光の目玉の一つとなっている。ナパとソノマはセットでツアーのプランに含まれることが多い。

全米で約600店舗ほどの店舗を展開していて、同じグループ会社にGapから買収したポッタリー バーンがある。こちらもインテリアグッズをメインに扱うかわいいお店。

サンフランシスコ観光地のフィッシャーマンズワーフにほど近い、海が臨める一等地に本社が置かれていて、ユニオン スクエアにある旗艦店はお城のような豪華なインテリアで、一見の価値あり。

blog_image_small_Williams-Sonoma02

プロも使うキッチンウェア

ハイセンスでありながら、道具としての使い勝手も考慮されているプロの料理人向けのキッチンウェアを、一般用に改良して販売している。

ヨーロッパから輸入した商品もあるし、自社開発したプライベートブランドの商品も並ぶ。道具の持つ機能美にしばらく見とれていると、よく気が付く店員が話しかけてきてくれるが、あまりしつこくないのも良い。カスタマーサービスも行き届いていると評判も高い。

フライパンや鍋などのほか、ナイフやおたま、フライ返なしども充実し、さまざまな種類から選択することができる。珍しい調味料や、タオルなどのリネン類、ダイニングテーブルやお皿、アクセサリなども販売し、食を彩る場面をトータルにプロデュースしている。

置いてある商品はしっかりした高級キッチンウェアということもあって、お値段は、総じてお高めで、顧客の年齢層も比較的高め。中高年のご夫婦が店内をじっくり見て回っている姿を目にすることも多い。

blog_image_small_Williams-Sonoma03

トータルに食をプロデュース

アメリカの長寿テレビ番組の司会者に、オペラという黒人のおばさんがいて、政治、経済、犯罪の話から、子育て、お料理、インテリアなどバラエティーに富んだ話題を提供している。

人気が高い彼女が紹介する商品は、売り上げが一気にドンと上がることでも知られている。そんな彼女がウィリアムズ ソノマの商品を気に入って、繰り返し取り上げていたこともあって、お店の存在は一躍全国的なものとなった。

さまざまなドラマや映画などでも取り上げられていて、キッチンまわりの小道具を提供し、好評を博している。また、お料理番組などで使用される道具にもウィリアムズ ソノマのものが多く使われていて、商品の露出度はかなり高い。

ロサンゼルス周辺にも盛んに店舗展開をしていて、ビバリードライブにある、ビバリーヒルズ店では多くの映画スターやセレブの姿が目撃されている。


Williams-Sonoma Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス近郊のウィリアムズ ソノマ

<スポンサーリンク>