キャプテン キッズ フィッシュ マーケット

blog_image_large_Captain-Kidd's-Fish-Market

レドンド ビーチにある魚屋さん兼シーフードレストラン。ランチやディナーはシーフード好きな地元のお客さんで大変込み合う人気レストラン。魚屋さんがやっているので値段も安い。ロブスターやカニを豪快に食べつくそう!

<スポンサーリンク>


キャプテン キッズ フィッシュ マーケットの情報

blog_image_small_Captain-Kidd's-Fish-Market01

目立つ看板の店舗外観

シーフード好きにはたまらないユニークなレストラン。魚屋さんに併設されているので、いろいろな種類の新鮮な魚が食べられる。

地元の人たちだけではなく、日本人旅行者にも好評で、レドンド ビーチに行く機会があったら是非とも立ち寄りたいところ。訪れた日本人のブログ記事も多い。

お店に入ると、ショーケースに並んだ新鮮な魚介類が目に飛び込んでくる。ロブスター、カニ、エビ、カキ、イカ、サーモン、ハマチなど、なんでもそろっている。

すでに調理済みのレギュラーメニューから選んでも良いし、その場で好きなものを調理してもらってもよい。焼いたり、煮たり、茹でたり、天ぷらにしたり調理の仕方も選ぶことができる。メニューはこちら。

blog_image_small_Captain-Kidd's-Fish-Market02

生きたまま茹で上げるキッチン

せっかくだから、ロブスターやカニを丸ごと一匹いただこう。(時価だが、安い!)

イケスに入っているのものを物色して、どれか気に入ったものを選ぶと、大きな窯に入れて茹でてくれる。生きたまま入れるので、ちょっとかわいそうになる。

十数分待っていると、出来上がったよ、と教えてくれる。いろいろな食べ方があるが、ロブスターは溶かしたバターと一緒にいただくのが定番で、手で豪快にちぎって食べる。多少汚れることもあるがそんなことは気にしない。両手にロブスターをもって、思いっきりかぶりつこう。

カニも一匹丸ごと茹であがったものをくれる。胴体を割るとカニみそが出てくるので、カニの足につけて食べると何とも言えないおいしさ。

blog_image_small_Captain-Kidd's-Fish-Market03

日本人にも人気のシーフード

レギュラーメニューの中にも人気なものがあって、日本人に喜ばれるのはポップコーン シュリンプ。簡単に言うとポップコーンくらいの一口サイズに切ったエビの唐揚げ。

また、カラマリも人気。こちらはイカフライ。独特な赤いソースにつけて食べる。頼めばタルタルソースもある。

生カキも人気。アメリカ人は生の魚が苦手のような印象だが、生カキはよく食べる。オイスターバーといって、生カキ専門のレストランもあるほど。

クラムチャウダーは子供から大人まで人気のメニュー。ちょっと濃い目の味付けで、パンと一緒に食べると絶品。

レストラン奥に座席があって、外にはパティオ席もある。好きなところに座ってよい。半分セルフサービスのような感じ。テーブルクロス代わりの敷き紙やティッシュなどが用意されているので、自由に使って構わない。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


レドンド ビーチ近郊の地図

<スポンサーリンク>