ニーマン マーカス ラストコール

blog_image_large_Neiman-Marcus-lastcall

なんと最大75%オフも!ニーマン マーカスから入荷した商品を売りさばくアウトレット。広い店内ではファッションだけではなく、写真立てなどの小物や大型の家具まで幅広く扱う。

<スポンサーリンク>


ニーマン マーカス ラストコールの情報

blog_image_small_Neiman-Marcus-last-call01

アウトレット外観

高級デパート、ニーマン マーカスで売れ残った商品や、季節外れの商品を売りさばくためのアウトレット。

新入荷コーナーも設けられていて、ニーマン マーカス本家から、比較的新しい商品もどんどん入荷してくる。お値段は半額以下に設定されている。

本家ではセールスマンがうやうやしく運んできていた商品も、ラックにまとめてかけられ、一般の量販店と同じようなスタイルで販売されている。

店の内装も本家と比べるとかなり簡素。少ない人数のスタッフでオペレーションしているので、本家のようなサービスを期待しても無理。商品を探すにしても、大体どこにどんな商品が置いてあるのか分かる程度の吊り看板が頼り。

blog_image_small_Neiman-Marcus-last-call03

家具類もアウトレットに

商品自体はしっかりしているものなので、流行を気にしなければかなりお得。流行といっても、数か月しか時差のない商品もあって、なぜこの商品がアウトレットに来ているのかと不思議なものもある。

このあたり、激烈な競争を繰り広げている高級デパートの事情も透けて見えてくる。ちょっと鮮度が落ちると、高価な品物でもすぐに顧客から飽きられてしまう厳しい現実がある。

家具なども販売されていて、元々200万円程度だった高級ソファーが、90万円程度にまで値下げされている。確かに大幅な値引きには間違いないのだが、高価な商品が値引きになっても、まだ高い印象。

座って感触を試してみると、確かに、なんだが座り心地がよい気がする。何とも言えない重厚感で、体を包み込んでくれるようでいて、柔らかすぎない材質のため、もったりした感じがない。こういった高級家具を置くには、家もそれなりの家でないと見栄えがしない気がする。

blog_image_small_Neiman-Marcus-last-call02

子供服も充実

他の高級デパートもアウトレット戦略をとっているところは多く、ノード ストローム ラックサックス フィフス アベニュー OFF 5TH、バーニーズ ニューヨーク ウェアハウスなどは、どれも本家からの商品を売りさばくためのアウトレット店。

アメリカ人もそのあたりは良く了解していて、高級デパートのアウトレットを専門に渡り歩いて、掘り出し物を探すことを楽しみにしている人もいるほど。

ニーマン マーカスは良質な子供服を扱っていることでも知られていて、ラストコールにも子供コーナーが用意されている。子供服は最初からお手頃な値段設定になっていることもあって、手が出やすい。

ちなみに店名のラスト コールというのはアメリカ英語。ラスト オーダーに近い意味。「これでおしまいだよ。早い者勝ちだよ。セールセール!」といった感じになるのだろうか。よく雰囲気を表しているネーミング。


Neiman Marcus last call Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス近郊のニーマン マーカス ラスト コール

<スポンサーリンク>