ザ レジェンド ゴルフ クラブ

blog_image_large_the_legends_golf_club

大きな池を絶妙に配置した美しいゴルフコース。丘の間にあるゴルフコースで、アップダウンがきついところが何ヶ所かある。きちんとした高さのある弾道を打てるゴルファーでないと攻略は難しいことから難易度は高め。

<スポンサーリンク>


ザ レジェンド ゴルフ クラブの情報

blog_image_small_the_legends_golf_club01

高級感があるクラブハウス

以前はTemeku Hills Golf Clubという名前だったゴルフコース。経営が変わって、現在はThe Legends Golf Club at Temeku Hillsとなっている。

アメリカ国内にLegendと入っているゴルフコースはいくつかあるので、混同しやすいが、ここはカリフォルニア ワインの里テメキュラにあるゴルフコース。

ロサンゼルス中心から車で約2時間ほどの郊外にある。南のサンディエゴとのほぼ中ほどに位置していて、いずれの街からもゴルファーが集まる。

テメキュラは有名なゴルフコースがたくさんあるゴルファーズ パラダイスで、ちょっとドライブに時間がかかることから、比較的空いているのも、かえってありがたい。

テメキュラ名物の熱気球が気持ちよさそうに空中を浮遊している。風向きや時期によってはゴルフコースから見えることもある。

blog_image_small_the_legends_golf_club02

芝生から打てる練習場

コースデザインはテッド ロビンソン。ロサンゼルス近郊の町ロングビーチで活躍したゴルフコース設計家。すでに紹介したことがあるロビンソン ランチ ゴルフクラブも彼の設計。

残念ながら2008年に惜しまれつつ他界してしまったが、現在は息子のテッド ロビンソン ジュニアがゴルフ設計ビジネスを引き継いでいる。詳細はウェブサイト参照。Robinson Golf

土木技術の向上もあって、彼の晩年のゴルフコース デザインは、アメリカ版箱庭のような一種完結した美しさを持っていて、いまだにファンが多い。

このコースは後に、ピート ダイによって改良された。ピート ダイもまたゴルファーであれば、知らない人はいないほどの有名ゴルフコース設計家。

二人の天才的な設計家によってこのコースは作られている。テメキュラの山々を背景に深い緑が美しく、太陽の光線が刻々と変化する姿は見ていて飽きない。

blog_image_small_the_legends_golf_club03

5つの大きな池の配置が絶妙

年間を通してコースコンディションは悪くなく、水分も十分に供給されているため、芝も枯れにくく、質も保たれている。

コース自体は確かに美しいのであるが、コースの難易度は高め。距離的にはさほど長いコースではないが、高低差があるので、長く感じる。

グリーン周りは背の高いパーム ツリー(やしの木)にガードされていて、グリーンへのアクセスが制限されている。そのため、正攻法でプレーしないとグリーンが狙えない。どこか林の中のあらぬところからグリーンに向かって打ったら、うまくオンしたとかの類のラッキーが起こりにくくなっている。

コース自体のアップダウンは激しく、のぼりのホールもいくつかあって、高い球が打てないとうまくグリーンを捉えられない。グリーンのアンジュレーションもきつく、次打の計算をしつつプレーしないとグリーン上で苦労することになる。そのため上級者向けといえるが、中級者でもティーをうまく選べば、美しいコースを十分に堪能できる。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ゴルフ場マップ

<スポンサーリンク>