ロサンゼルスの場所と大きさ

ロサンゼルスはアメリカ西海岸に位置するカリフォルニア州の中にある街。人口は州別で見るとカリフォルニア州は全米第一位、都市別で見るとロサンゼルスは東海岸のニューヨークに次いで全米第二位の巨大都市。

<スポンサーリンク>


ロサンゼルスの場所と大きさの情報

ロサンゼルス直径50キロ

ロサンゼルス直径50キロ(クリックして拡大)

一般に、ロサンゼルスというと市の名前を指すことが多いが、同時に群の名前を指すこともあるし、地域全体を指すこともある。

日本では都道府県、市区町村という行政上の区分があるが、アメリカでは州(State)、郡(County)、市(City)という分け方をしている。

ロ サンゼルス周辺には中心となるロサンゼルス群があって、その中に88の市がある。ロサンゼルス市はその中のひとつ。

日本人が多いエリアはロサンゼルス市の 中心部(ダウンタウンと呼ぶ)、ダウンタウンから南に20キロほど下ったところにあるトーランス市、その隣のガーデナ市など。

東京直径50キロ

東京直径50キロ(クリックして拡大)

ロサンゼルスから見て南東方面にオレンジ郡がある。

オレンジ郡の中で日本人が多いエリアはダウンタウンから50キロほど行ったところにあるコスタメサ市、アーバイン市など。

いずれも、日本人が多いエリアは比較的治安が良く、教育レベルが高め。所得水準も高いところが多い。

そのほかロサンゼルスから見て東に位置するリバーサイド郡、サンバーナーディーノ郡、そして北西に位置するベンチュラ郡などがある。どちらかというと日本人はあまり多くないエリア。上記5つの郡を総称してグレーターロサンゼルスなどと呼ばれることもある。

大阪直径50キロ

大阪直径50キロ(クリックして拡大)

ロサンゼルス周辺には大きな平野が広がっていて、とにかく広い。

規模で言うと関東平野や大阪平野がすっぽり入ってしまうほど。それだけ、気候や風土など地域によってさまざまな違いがある。

数日間の日本からの観光旅行となると、ロサンゼルス市中心のダウンタウンからハリウッド市、ビバリーヒルズ市、サンタモニカ市あたりを巡ると、大方ロサンゼルスを満喫できる。

それ以外の地域は、あまり観光地化されていない場所なので、何か特別な目的がない限りはあまり行くことはないかも。

ロサンゼルスの大きさを感じていただくために、ロサンゼルス、東京、大阪周辺の直径50キロ圏内を示した地図を用意した。小さな画像をクリックすると、大きな画像を見ることができる。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


<スポンサーリンク>