バルボア 半島 & アイランド

blog_image_large_balboa_peninsula_island

ロサンゼルス郊外の高級住宅地ニューポート ビーチ。ビーチの先端にバルボア半島と、その入り江に人工島バルボア アイランドがある。内海で波が穏やかなので、海のアクティビティーを楽しむ観光地にもなっている。

<スポンサーリンク>


バルボア 半島 & アイランドの情報

blog_image_small_balboa_island04

湾内を悠々と走るヨット

バルボア半島は1800年代後半から、荷下ろしのための船着場として栄えてきた。のちにサン ペドロにあるロサンゼルス湾ができてしまったので、港湾施設としての役割を終えた。

1900年代前半からは、バルボア半島に囲まれた湾内を埋め立てて島をつくった。のちにバルボア アイランドと呼ばれるようになった人工島で、分譲住宅地として開発されてきた。

当初は埋め立ても不十分で、高潮による浸水被害が頻発していた。その度ごとに不動産価格が下落するなど、なかなか大変だったという。

現在は、護岸工事もしっかり行われ、安全な島になっている。島内には家がびっしりと立ち並んでいて、アメリカ国内でも有数の人口過密地。

一つ一つの家は大変高価で1億円ではとても買えない。立地や建物にもよるが、2~5億円くらいの家が平均的な価格帯となっているとのこと。アメリカの金持ちの多さにびっくり。不動産についての詳細はこちら

blog_image_small_balboa_island03

自宅から桟橋!その先はボート!!

バルボア アイランドの外周には遊歩道が整備されている。ブラブラ歩いても小一時間程度で一周できる小さな島なので、散歩をしている人も多い。

沿岸にある家からは桟橋が伸びていて、その先にはヨットやボートが係留されている。それだけでもすごいことだが、よく見てみると小さめのボートが目に付く。

「なんだ、小さなボートだな・・・」と思ってはいけない。実は、これがメインの船ではなかったりする。

船体が大きすぎてヨット ハーバーには入りきれず、湾内の中ほどに豪華船や豪華ヨットが錨を下ろして停泊しているが、それが彼らのメインの船。自宅前の桟橋から、小さな ボートで湾内に停泊しているメインの船まで行き、乗り換える。小さなボートは、ただの連絡用だったり、釣りやウォータースポーツを楽しむものだったりする。

blog_image_small_balboa_island01

車3台まで乗船できるフェリー

半島と島との間には、車が3台乗せられる小さなフェリーが運航していて、ピストン輸送をしている。週末など忙しいときには3台のフェリーが行ったり来たりしている。

もちろん、車だけではなく、人や自転車も運搬する。運行時間は午前6時半~夜中12時まで。(金、土曜日は午前6時半~夜中2時まで。)

● 車に乗っている人は一人2ドル。(車代込み)
● オートバイに乗っている人は1ドル50セント。(オートバイ代込み)
● 自転車に乗っている人は1ドル25セント。(自転車代込み)
● 大人は1ドル。子供は75セント。
● 5歳以下の子供は無料。

フェリーが着岸したら、おもむろに乗船してしまってよい。船の移動中に船頭さんが集金に来るので、その場でお金を渡す。10分程度の乗船だが、ちょっとしたクルーズ気分を味わうことが出来る。

blog_image_small_balboa_island05

半島側にあるファン ゾーン

フェリーで半島側に到着すると、その辺りは、ファン ゾーンと呼ばれているエリアで、子供向けの小さな遊園地がある。

ゲームセンターもある。ゲームセンターは英語ではアーケード (Arcade)。アメリカのアーケードはあまりデジタル化されていなくて、B級温泉にあるようなアナログのゲームも多い。やってみると、逆に新鮮で結構面白い。

その他、すごいスピードで回る小さな観覧車や、メリーゴーランド、お土産物屋さんや、簡単な食事が出来るエリアやレストランもある。

このあたりに電動ボートやカヤックのレンタルもある。カリフォルニアでは船の大きさにかかわらず、ボートを運転するのに免許はいらない。そもそも、レジャー用ボートの場合は、日本の船舶免許にあたるような免許制度自体がない。(商用はある。)

簡単な説明を受けるだけで、すぐに運転を始められる。ボートの運転が初めてだと、最初は戸惑うが、数十分で立派な船長になれる。

船の大きさにもよるが、屋根付のボートが2時間で150ドルほど。天気の良い日は、海の上でも意外と暑くなるので、屋根付きがおすすめ。行ってよいのは湾内だけで、外海に出ることは出来ない。巡航コースが書いてあるマップをもらえる。

blog_image_small_balboa_island02

マリーン アベニュー

実はフェリーを使わなくても、バルボア アイランドへは橋が架かっているので、車でいける。マリーン アベニューでつながっていて、その先は比較的大きな通り、ジャンボリー ロードにつながっている。

マリーン アベニューはこの島のメインストリートで、小さくてかわいい商店街になっている。アパレル店やレストランが軒を並べている。

テレビドラマなどにも登場する有名なお店がいくつかあって、中でもフローズンバナナのSugar n’ Spiceは地元では有名。

凍らせたバナナをチョコでコーティングしてトッピングをのせて食べるお菓子。見た目そのままのおいしさだが、一応記念に食べてみる。

小さな島なので、車の駐車スペースは限られていて、なかなか空きが見つからない。結構遠くに駐車してから歩く人も多い。どうしても駐車できなければ半島のファンゾーン周辺に迂回して、有料駐車場に停め、フェリーを使って島に入り、15分程度歩く。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ニュー ポート ビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>