ラックス (LAX) フライ アウェイ (ユニオン ステーション)

blog_image_large_LAX-FlyAway-Union-Station

ロサンゼルス国際空港とユニオン ステーション間を直通で結ぶバス。乗車時間は大体40分ほど。スーツケースを持ち歩き、大きめの荷物が多い旅行者には大助かり。座席もゆったりしていて快適。行き先によって全部で5路線ある。

  • 【ウェブサイト】 LAX FryAway
  • 【料金】 クレジットカードのみ。大人8ドル。5歳以下無料。(大人一人につき5歳以下の子供二人まで無料。)
  • 【営業時間】 年中無休。30分に1本間隔。(夜中1時~5時までは一時間に1本間隔。)

<スポンサーリンク>


LAX フライ アウェイの情報

blog_image_small_LAX-FlyAway---Union-Station04

空港内に8ヶ所あるFryAwayの緑のバス停

ロサンゼルス国際空港(LAX)からユニオン ステーションまで行きたいときに便利な直行バス。大きな荷物は運転手に預けてしまえばいいので、とても便利。

空港到着ロビーから外に出ると車が走る道路になっている。お迎えなどの一般車が入る車線と、バスなどが走る車線が分かれているので注意。バスに乗るには中洲のようになっている停留所で待つ。

LAX フライ アウェイに乗るには、緑色の看板の下で待つ。この看板は空港のターミナルごとに8ヶ所ある。

日本からロサンゼルスに来た場合、ほとんどの航空会社はトム ブラッドレー国際線ターミナルに到着する。国際線ターミナル前にも緑色のバス停がある。

blog_image_small_LAX-FlyAway---Union-Station02

椅子もゆったり車内は快適

バス停の前で待っていると、長距離バス各社が次々と停まる。同じLAX フライ アウェイでも行き先が異なるバスも停まる。バスの前面に「Union Station」と表示が出ているバスに乗り込もう。このとき、荷物は運転手に預ければOK。

LAX フライ アウェイは予約不要。料金は後払いなので、おもむろに乗り込んでしまってかまわない。座席も自由なので好きなところに座る。革張りのゆったりした座席でなかなか快適。

バスは空港内8ヶ所ある緑のバス停に一つずつ停まって、お客さんを乗せていく。最後のバス停を終えると、そのままフリーウェイに乗って、ユニオン ステーションに向かう。直行便なので途中では止まらない。

交通事情にもよるが、大体40分程度でユニオンステーションに到着する。

blog_image_small_LAX-FlyAway---Union-Station03

ユニオン ステーション料金支払い所

ユニオンステーションの降車口で降りた後は、料金の支払い所にて運賃を支払う。大人は8ドルで、なかなかリーズナブルな料金。

支払いはクレジットカードのみ。現金は受け取らない。日本から持ってきたクレジットカードあるいはデビットカードでVisaかMasterのロゴが入っていればOK。そのほかアメリカンエクスプレスとディスカバーも受け付ける。

逆に、ユニオンステーションからLAXに行くときには先払い。同じ支払い所で支払いを済ませてから乗車する。ユニオンステーションのバスターミナルには9つの乗り場があって、LAX フライ アウェイの乗車口は1番。降車口は9番なので間違えないようにする。

LAXにつくと8ヶ所あるバス停それぞれに停まる。日本に帰る際は通常トム ブラッドレー国際線ターミナル。航空会社によっては他のターミナルの場合もあるので、航空チケットをよく確認して間違えずに降りるようにしたい。仮に間違えて降りても、各バス停間は徒歩数分くらいなので、あわてなくても大丈夫。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


LAX フライ アウェイ バス路線図

<スポンサーリンク>