メトロ エクスポ ライン

blog_image_large_expo_line

現在は交通の要所7th St / Metro Center駅からCulver City駅までを結ぶ。延長工事も進んでいて2015年にはサンタモニカ中心部にまでつながる予定。完成すれば旅行者にとっては1日で訪れることができるエリアが広がる。

<スポンサーリンク>


メトロ エクスポ ラインの情報

blog_image_small_expo_line04

順調にすすむ延長工事

2012年から運行を開始した新しい路線エクスポライン。

もともとサンタモニカとロサンゼルスダウンタウンを結ぶ路線として計画され、12の駅を先行で運用するPhase1と残りの7駅を追加するPhase2に分かれて工事が行われてきた。Phase2は2015年までに完了する予定になっていて、工事が終わると全線が開通する。

現在の終点Culver City駅では簡単な仕切りが置かれているだけで、その先の路線がすでに出来ている様子を見ることができる。

サンタモニカ – ダウンタウン間には高速道路フリーウェイ10があって、通常は車移動になるのだが、渋滞が激しい区間として有名。観光するときにも移動の時間がもったいないため、サンタモニカ観光とダウンタウン観光は日を分けて行われるようになっていた。

blog_image_small_expo_line03

車内の様子

やや小さめのライト レールの車体が使われていて、日本の名古屋に本拠地がある日本車両製造株式会社製のP865とP2020、ドイツ製シーメンズのP2000が使われている。これらはメトロ ブルー ラインと同じもの。

始発の7th St / Metro Center駅ではブルー ラインと同じプラットフォームを使用するため、表示を良く見て間違わないようにしよう。また、この駅は地下駅になっているため電車も地下にもぐるが、エクスポ ラインは通常そのほかのエリアは地上を走っている。

ライトレールのため車内はあまり広くなく、座席も片側2つの4席構成になっている。車体が小さくラッシュ時には大変込み合うので、日本の電車に慣れている人は座席の配置を工夫すればよいのにと思うところ。

blog_image_small_expo_line01

ローズガーデンがすぐ前

現在のところ、旅行者が最もよく利用すると思われる駅はExpo Park / USC駅。この駅はエクスポジション パークに行くときにとても便利。

ロサンゼルス自然史博物館カリフォルニア サイエンス センターもある人気スポット。駅を降りると公園内のローズ ガーデンがすぐ目の前にあって、アクセスは最高に良い。

エクスポジション パーク内には1984年に行われたロサンゼルス オリンピックの大きなスタジアムがある。有名な開会式のテーマ音楽や空飛ぶ人間は記憶にある方もあるだろう。

スタジアムは通常は閉鎖されていて中に入ることは出来ないが、柵の外からも中を覗ける。開口部が大きいためほぼ全様を見ることが出来る。

blog_image_small_expo_line02

名門の南カリフォルニア大学すぐ前

1980年のモスクワ オリンピックで西側諸国が参加ボイコットをしたということで、その報復で東側諸国がロサンゼルス オリンピックをボイコットするという、なんともスポーツマンシップに乗っ取らない政治的な話題にもなった。

同駅ではエクスポジションパークとは線路をはさんで反対側に、名門南カリフォルニア大学(USC)の正門がある。1880年に開学した西海岸最古の私立大学。

ジョージ ルーカスなど有名映画人を輩出した映画芸術学部があることでも有名。そのほか、IT関連でも有名で、IPアドレスを管理するInternet Assigned Numbers Authority (IANA) を運営している。インターネットの神様と呼ばれるジョン ポステル博士は、1998年に亡くなるまで、南カリフォルニア大学にある研究所に在籍していた。

スポーツも盛んで、カレッジ フットボールでも多くの実績を残し、UCLAのアメフト部とも長いライバル関係にある。毎年9月から12月まであるカレッジ フットボールの季節にはロサンゼルスのアメフトファンにとっては楽しみな季節。また、オリンピックのメダリストとりわけ金メダル数は全米の大学の中で一番多いことでも知られている。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


メトロ レール路線図

<スポンサーリンク>