ローズボール フリーマーケット

blog_image_large_rose_bowl_flea_market

ロサンゼルス エリアで最大のフリー マーケット。出店数はなんと2500以上もあって、来場者は一日で2万人以上。見渡す限りのテントと買う気満々の人々で埋め尽くされる。お値うちものからガラクタまであらゆるものが売られている。

  • 【ウェブサイト】 R. C. Canning Attractions
  • 【住所】 1001 Rose Bowl Drive, Pasadena, California 91103
  • 【電話】 (323) 560-7469 (事務局)
  • 【営業時間】 毎月一回。第二日曜日。雨天決行。午前5時~午後4時。
  • 【料金】 大人:$8.00 (午前9時以降)。12歳以下無料。 早く行くほど入場料が高くなる。$10.00 (8:00am – 9:00am),  $15.00 (7:00am – 8:00am), $20.00 (5:00am – 7:00am)
  • 【駐車場】 無料

<スポンサーリンク>


ローズボール フリーマーケットの情報

blog_image_small_rose_bowl_flea_market01

入り口正面にローズボールの大きな文字が

フリー マーケット (Flea Market 蚤の市) はロサンゼルスでも多く開催されているが、このローズボール フリーマーケットは西海岸最大。フリーマーケットで扱う品物は、食品と銃・弾丸以外なんでも。

ローズボールはカレッジフットボール(大学アメリカンフットボール)の年間王者が決まる競技場で、UCLAのブルーインズのホーム。高校野球で言う甲子園、サッカーの国立競技場、ラグビーの花園といったところか。

大学のアメフトは毎年9月ごろにシーズンが始まり、12月初旬まで暑い戦いが繰り広げられる。これに勝ち抜いた上位2チームによる最終王者決定戦が、毎年お正月の1月1日に行われる。

4つの会場で持ち回りになっていて、ローズボールでも4年に一回、ナショナル チャンピオンシップ ゲームという決勝戦が行われる。

大学アメフトはアメリカの中でも最も人気の高いスポーツイベントで、シーズンを通して全米のアメフトファンが注目する。熱狂的なファンは主に男性だが、試合中テレビ中継にかじりつき、彼女や奥さんはかまってもらえないことからFootball Widow (アメフト未亡人)という言葉まであるほど。

blog_image_small_rose_bowl_flea_market02

買い物カゴや袋は必須アイテム

フリーマーケットは楕円形の競技場を取り囲むように開催されているが、収まりがつかないテントは駐車場エリアまで広がっている。

場内は、取り扱う商品によってなんとなくエリア分けされている。新品を取り扱うエリア、アートなどを扱うエリア、アンティークを扱うエリアなどが、一応あるにはあるのだが、実際は、何でも売りたいものを売っているといった状況。

入り口など人通りが多いエリアの出店料は200ドル以上するが、端っこのほうだと50ドル程度で出店できる。個人でも払えなくない金額のため、個人での出店も多い。

アメリカでは、自宅で使用しない物品を自宅前で通行人に売るガレージセールが盛んだが、自分にとっては不要なものでも、他の人の役に立つものもあって案外売れる。ガラクタだと思っていた品物が、人によりお宝に見えることはよくあるらしい。

その延長でフリーマーケットに来て、不用品を販売するといった感じ。こんなもの価値があるか?なんて物も、とりあえず持っていくと、値段によっては買ってくれる人が現れたりして面白い。日本人は他人が使ったものは使えない、新品でないと嫌だという人も多いが、アメリカ人はその点、あんまり気にしない。品物が良ければそれで良いし、買ったものを自分好みにカスタマイズして使う人が多い。

blog_image_small_rose_bowl_flea_market03

お手ごろの値段で掘り出し物が見つかるかも

プロも多く出店していて、店で売れ残った商品の在庫処分セールなどをフリーマーケットで行っているケースなども良く見られる。

取扱商品は多岐に渡り、ガラクタとしか見えないものから、普通に路面店で販売していそうなアパレル、結構価値がありそうな古着やビンテージものの家具などもある。

丹念に見ていくと掘り出しものの商品にめぐり合うこともあったりして、結構楽しい。中にはショッピング魂に火がついてしまう人もいるらしく、タイヤつきの買い物カゴなどを持ってくる人は当たり前にいる。

ただ、必ずしもお買い得かどうか分からない商品もあるので、自分の買い物感覚が試されるともいえる。各地から多くのプロのバイヤーが集まり、商品を物色している。日本からのバイヤーも多く見られる。

現金のやり取りが基本で、クレジットカードはほとんど使えない。多めにキャッシュを持って現場に行ったほうがよさそう。ランチなどで一時会場を離れる際は、出口で手にスタンプを押してもらう。そのスタンプを入り口で見せれば再入場できる。また、夏場などは日差しが強く大変暑くなる場所なので、サングラスや日傘、日焼け止めはあった方が良い。こまめな水分補給に気をつけよう。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


パサディナ周辺の地図

<スポンサーリンク>