メトロ レッド ライン

blog_image_large_metro_red_line

ロサンゼルスの見所を多くカバーしていて、旅行者の利用頻度が最も高いと思われる地下鉄メトロ レッド ライン。写真はHollywood / Highland駅。地下鉄に乗らなくてもハリウッドに行ったら、この駅を見るだけでも価値あり。

<スポンサーリンク>


メトロ レッド ラインの情報

blog_image_small_metro_red_line01

日本の地下鉄とほぼ同サイズの車体

1993年から運行している地下鉄レッドライン。

一般通勤客のほかに旅行者もよく利用することから、乗降客が大変多い。

旅の基点Union Stationから、交通の要所7th St / Metro Center駅、ユニバーサル スタジオへの入り口Univarsal City / Studio City駅、ハリウッドの中心Hollywood / Highland駅を経由してNorth Hollywood駅に至る。

そのうちHollywood / Highland駅では出口すぐ上がハリウッド&ハイランドモールになっていて、チャイニーズ シアタードルビー シアターへのアクセスになっている。

やや小さめのライト レールの車体が多く使われるメトロ レールにあって、レッドラインは日本の地下鉄とほぼ同じサイズのヘビー レールと呼ばれる車体で、Breda A650というイタリア製。

座席の配置が遠距離バスに見られるような、片側2席ずつの一列4席。進行方向(あるいは逆)に向かって配置されている。利用者が多いのだから、座席の配置を工夫して、スペースを有効に利用すればよいのにと思うのであるが、このスタイルがいいらしい。

blog_image_small_metro_red_line02

ユニオン ステーションのレッド ライン入り口

一部Union StationからWilshre / Vermont駅までの同じ路線をパープル ラインと共有している。

そのためその間の駅ではレッド ラインとパープル ラインが同じプラットフォームに交互に来る。同じ車体を使っているので、いまいち分かりにくい。

駅の電光掲示板に、次に来る列車はRed LineなのかPurple Lineなのか記載があるのでチェックしたい。また、車窓の上に掲示板も一応ある。ただ、この掲示板は光の反射の具合が悪くて、よく注意しないと見間違える。

Union StationからWilshre / Vermont駅の間の駅に行くのであれば、どちらの電車に乗っても問題はない。ただ、Wilshre / Vermont駅から先は二手に分かれる。社内でのアナウンスもあるので、自分が乗っている電車がどっちなのか確認したい。

Union Stationでは、他のメトロ レールのほかにメトロ リンクの駅もあるが、ほとんどが地上駅。Red LineとPurple Lineだけは、地下鉄なので地下にもぐる。入り口が異なる場所にあるので注意。METRO RED LINEの看板があるところを目指そう。

blog_image_small_metro_red_line03

終点ノース ハリウッド駅

始発は4時半ごろ、終電は午前1時半ごろで、朝夕のラッシュ時には10分に一本運行している。パープル ラインも10分に一本くるので、Union StationからWilshre / Vermont 間は5分に一本の頻度になる。

各駅個性的なデザインで、レッド ラインの駅のうち見所なのが、Pershing Square駅と、Hollywood / Highland駅、Universal City駅の3つ。斬新で近未来的なデザインで、はじめて見るときにはちょっと驚く。ぜひとも写真に収めたいところ。

終点North Hollywood からはバスラインのオレンジ ラインと接続し、更に北西に向かうことが出来る。

もっとも、これより西にはあまり旅行者が行くことがないローカルな駅ばかり。ただ、ハリウッド付近から、MetrolinkのVentura County Lineに乗り換えたいときなどは、わざわざUnion Stationまで戻らなくても、そのままオレンジラインの終点、Chatsworth Stationまで行き、連絡することが出来る。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


メトロ レール路線図

<スポンサーリンク>