ウェイフェアーズ チャペル (ガラスの教会)

blog_image_large_wayfarers_chapel

ロサンゼルス郊外の最高級住宅地として知られるランチョ パロス バーデスにあるチャペル。日本の芸能人などが挙式をしたことで有名になり、一般カップルの結婚式にも人気のチャペル。

  • 【ウェブサイト】 Wayfarers Chapel
  • 【住所】 5755 Palos Verdes Drive South, Rancho Palos Verdes, CA 90275
  • 【電話】 (310) 377-1650
  • 【営業時間】 毎日: 9:00AM~5:00PM、ビジターセンター 毎日: 10:00AM~5:00PM
  • 【駐車場】 無料

<スポンサーリンク>


ウェイフェアーズ チャペル (ガラスの教会)の情報

blog_image_small_wayfarers_chapel02

草木に囲まれた森のチャペル

ロサンゼルスの結婚式場を探すとき、必ず上位にリストアップされる人気チャペル。ウェディングプランナーも「おすすめの教会」として紹介することが多い。

吉田栄作、松田聖子といった有名人もここで結婚したことは有名。

教会はダウンタウンより車で南に下ること約1時間、ロサンゼルスでも高級住宅地として有名なランチョ パロス バーデスにある。

このあたりは半島になっていて、教会は海側の南端に位置している。この近くにロックミュージシャンの矢沢栄吉の邸宅があったりする。

教会の壁面はすべて透明なガラス張りで、周囲に生い茂る樹木が直射日光をさえぎって、やわらかい日差しが教会全体にやさしく差し込む。

カリフォルニアの青い空が建物内からも大きく見える。海外線沿いの小高い丘に建つ教会なので、庭に出ると、どこまでも広がる太平洋の素晴らしい眺めが一望できる。

blog_image_small_wayfarers_chapel01

挙式したカップルの名前が刻まれたレンガ

日本の帝国ホテルを設計したとして有名なフランク ロイド ライトの息子、ロイド ライトがデザインを手がけた教会で1949年創立。

日本では通称「ガラスの教会」として有名なのだが、設計者的には「森の教会」のイメージで設計したとのこと。確かに周囲の木は大きく枝をはり、天然の日傘のようになっている。

教会の隣に建つ石塔には16個の鐘があり、重厚だが美しい音色が鳴り響く。周りは静かな中、結構な音量で鳴るのではじめはびっくりする。

裏庭には挙式を上げたカップルの名前が記されたレンガが敷き詰められている。よく見ると、日本人同士のカップルや、日本人の新郎、あるいは日本人の新婦の名前もある。国際結婚も多い。

キリスト教スウェデンボルグ派の教会であるので、結婚式だけでなく、お葬式なども行われる。ただ、結婚式は宗派に関係なく誰でも挙げることができる。教会のドアは開かれていて、式がないときには営業時間内であれば誰でも自由に中に入ることが出来る。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ランチョ パロス バーデス周辺の地図

<スポンサーリンク>