セリグマン

blog_image_large_seligman

シカゴからロサンゼルスのサンタモニカまでを結んでいた一本道のルート66。この道沿いにある、昔の面影を残す小さな町セリグマンは、大ヒットアニメ「カーズ」の舞台となったラジエータースプリングスのモデルとなったところ。

<スポンサーリンク>


セリグマンの情報

blog_image_small_seligman04

サンタモニカピアにあるルート66終点

かつてアメリカの大動脈であったルート66(国道66号線)。シカゴからロサンゼルスのサンタモニカを結ぶ全長3755kmの一本道。

アメリカのインフラ整備の一環として国道システムの設置が始まり、ルート66は1926年に連邦最初の国道の1つとして創設された。

小説、テレビドラマ、音楽、映画など様々な媒体でルート66を題材とした作品が作られ、アメリカ人のライフスタイル、ポップカルチャーの一つとして親しまれていた。

現在ではフリーウェイが全国各地を結んでいるため、ルート66は1985年に廃線となったが、ところどころ昔の面影を残した道路が残っていて今でも使われている。

blog_image_small_seligman01

お土産物屋さんDelgadillo’s Route 66 Gift Shop

ラスベガスから車で東へ約3時間のところにあるアリゾナ州セリグマン市。

かつてはルート66沿いにあって賑わっていたが、すぐ近くに新しくて立派なフリーウェイができてからは訪れる人も少なくなり廃れていった。今となっては何もない田舎町だが、今でも観光客が次から次へとやって来る。

というのも、この町は2006年のディズニー ピクサーの大ヒットアニメ「カーズ」の舞台となったラジエーター スプリングスという街のモデルとなったところ。

ピクサーの関係者は映画制作する為、この町を念入りに取材して、登場キャラクターのインスピレーションを得たといわれている。

元々は「ルート66」という題名になる予定だったが、かつて同名のテレビドラマがあったことから、「カーズ」という名前になったという。今年2016年夏にはカーズの3作目が封切予定となっている。

blog_image_small_seligman02

アイスクリーム屋さんDelgadillos Snow Cap

カーズが話題になる前に、すっかりさびれてしまったセリグマンのために、町の復興運動を行った人がAngel Delgadillo氏。

この街の名物おじいさんで、床屋さんとして今でも活躍している。Historic Route 66 Association of Arizonaという組織を作って、かつてのルート66の賑わいを保全しようと奮闘した。

そのかいあって、ルート66は再び地図上に名前が掲載されるようになったうえ、アメリカ合衆国国家歴史登録財(The National Register of Historic Places)に登録された。

今ではルート66を通るイリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、カリフォルニア州の7州も氏の考えに賛同し、セリグマンから車で1時間ほどのところにあるキングマンという街に総本部を作っている。ルート66歴史博物館(Arizona Route 66 Museum)まである。

blog_image_small_seligman03

雑貨屋さんHistoric Seligman Sundries

セリグマンは小さな街で、数分も歩けばほとんどの見どころを見ることができる。

観光客は主に、Angel Delgadillo氏のDelgadillo’s Route 66 Gift Shopでルート66グッズを買ったり、併設されている床屋で髪を切ってもらったり、Delgadillos Snow Capでアイスクリームやハンバーガーを食べたりする。

Delgadillos Snow Capの裏にはピクサーの関係者が取材を行った車たちが今でも展示されている。

セリグマンを訪れることができない方でも十分「カーズ」の雰囲気を満喫できるのが、ロサンゼルスにあるディズニーランド。ディズニー カリフォルニア アドベンチャー パークではカーズの舞台となったラジエーター スプリングスの街並みが再現されている。


Documentary Youtube Channel

Paul Adler Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


グランド サークルの地図

<スポンサーリンク>