ウィルソン クリーク ワイナリー

blog_image_large_wilson-creek-winery

テメキュラの最も大規模なワイナリーの一つ。米系・日系を問わず、ワイナリーツアーでは必ず訪れるほど有名なところ。シャンパン、スパーリングワインを得意としている。ワイン畑の見学もできる。

<スポンサーリンク>


ウィルソン クリーク ワイナリーの情報

blog_image_small_wilson-creek-winery01

シンボルのワインボトル型のオブジェ

1996年にウィルソン夫妻が始めたワイナリー。テメキュラで最も大規模なワイナリーの一つ。

米系・日系を問わず、テメキュラワイナリーツアーに参加すると、必ずといってよいほど訪れる。

ワインの中でもシャンパンやスパークリング系を得意としている。中でもほのかにアーモンドの香りがするAlmond Sparkling Wine(17ドル程度)はこのワイナリーのシグニチャ。数々の賞を獲得している。別名”OH MY GOSH” sparkling wineといわれている。

OH MY GOSH.とは、アメリカ人が驚いた時などにいう言葉。日本人にもよく知られているのがOh My God.だが、God(神様)という言葉を口にするのは不敬にあたると考えている人もいて、その代りに遠慮してOh, My Gosh.が使われる。多少おしとやかな感じ。

blog_image_small_wilson-creek-winery02

テイスティングルームには多くの人が

広い敷地にはテイスティングルームやレストラン、ピクニックができる庭などが用意されていて、週末にはライブ音楽も演奏される。

大人数を収容できるレストランCreekside Grillではサラダやサンドイッチ、ステーキなどの本格料理が用意されている。しっかり日光を遮ってくれる屋根付きのパティオ席。日曜日にはバフェになって好きな料理を好きなだけ食べられる。

緑豊かな雰囲気のなか、神父さんや牧師さんを呼んで結婚式が行われることも多い。大人数を収容できるバンケットルームもあって、来賓のゲストも食事をしながら本格ワインを楽しめる。

広いテイスティングルームには多くのお客さんが集まり、昼間からおいしいワインを楽しんでいる。(10:00AM~5:00PM)Almond Sparkling Wineを含む数種類のワインを楽しむことができる。ロゴ入りワイングラス付。(20ドル)

blog_image_small_wilson-creek-winery03

ワイン工場の見学もできる

また、ワイン工場の見学ができる園内ツアーも用意されていて、ワインが作られていく様子をガイドが紹介してくれる。5種類のワインテイスティング付きで35ドル。土、日開催で11:00AM, 1:00PM, 2:00PM, 3:00PMの4回。予約は必要ないが、混み合うときには好きな時間が取れないこともあるので、予約していった方が確実。

建物裏にある広大なヴィンヤードには散歩道も整備されていて、ブドウの木の間を歩けるようになっている。

ブドウの収穫は気候によって変動するが南カリフォルニアのワイナリーの場合、大体8月~11月ごろまで行われる。スパークリングワイン用ブドウの収穫は早く8月ごろには始まる。

ソービニョンブランクなどの白ブドウで9月ごろ。品種によって11月ごろになるものもある。訪れる時期によっては収穫風景を見られるかも。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


テメキュラ周辺の地図

<スポンサーリンク>