サン ブエナベンチュラ ミッション

blog_image_large_san-buenaventura-mission

21のカリフォルニア ミッションの中で9番目に建設された。初期のミッション建設に大きな役割を果たしたフニペロ セラ神父が手掛けた最後のミッションとなった。写真は伝統的なカトリックの結婚式の様子。

<スポンサーリンク>


サン ブエナベンチュラ ミッションの情報

blog_image_small_san-buenaventura-mission01

ミッション外観

1782年に設立されたミッション。全部で21あるカリフォルニア ミッションのうち9番目に建設された。創設はJunipero Serra神父。

セラ神父によるものとしてはこのサン ブエナベンチュラ ミッションが最後となる。以降のミッション建設はFermín Lasuén神父が引き継いだ。

幼稚園、小学校、中学校までのミッション系学校Holy Cross Schoolが併設されている。カリフォルニア ミッションのなかで、最も大きな学校組織を擁するミッションの一つ。

1887年に鉄道が開通してからロサンゼルス北西の大きな街として発展した。現在でも海沿いにアムトラックのVentura Stationがある。ロサンゼルス中心部のユニオン ステーションから2時間程度の列車の旅。片道24ドル程度。

blog_image_small_san-buenaventura-mission02

入口はギフトショップから

ミッションはベンチュラ市の中心となっているメインストリート沿いにある。入り口が分かりにくいのだが、向かって右手のギフトショップから入る。ここで入場料を支払う。

ちょっとしたミュージアム スペースを抜けると草花がきれいに咲いている中庭に出る。小さいながらもカラフルで凝った装飾が施された噴水を中心にして、マリア像、セラ像が飾られている。

今でも活発に活動が行われているミッションで、毎日ミサが執り行われている。一般入場時間の前後、早朝と夕方に行われる。旅行者でもミサに参加して神父の話を聞くことができる。(英語、スペイン語。要正装。スケジュールはホームページを確認。)

週末には厳かな雰囲気の中粛々と進められる伝統的な結婚式が行われることが多く、その様子を見学することもできる。

blog_image_small_san-buenaventura-mission03

噴水とマリア像がある中庭

このミッションがあるメインストリートは商店街になっていて、かわいらしいお店やレストランが軒を並べている。

人気のアウトドア用品店のパタゴニアが創立された街としても知られていて、今でも本社がある。ミッションのすぐ近く2ブロック先にある。

パタゴニアは環境問題に熱心に取り組む会社として知られている。反捕鯨団体シーシェパードが穏健だったときに資金援助していたこともあって批判があるが、シーシェパードが狂暴化してからは一定の距離を保っている。

ロサンゼルス中心部からベンチュラまで車で1時間半ほど。フリーウェイ101番を北西に向かって走るのだが、この道はよく渋滞する。広い道なのだがアップダウンがあって事故が起こりやすいので注意。

途中、日本人旅行者にも人気のお買い物スポットカマリロ プレミアム アウトレットがある。160もの人気ブランドが勢ぞろいするアウトレットで、普段でも半額程度、セールの季節は70~90%の大幅割引もある。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ベンチュラ周辺の地図

カリフォルニア ミッションの地図

<スポンサーリンク>