ケネスハーン州立保養地

blog_image_large_kenneth-hahn-state-recreation-area

ロサンゼルスの街中にある広い公園。ハリウッド サインからロサンゼルス ダウンタウンまで一望できる高台がある。バーベキュースペース、運動スペース、子供の遊具なども充実。ハイキングコース完備。

<スポンサーリンク>


ケネスハーン州立保養地の情報

blog_image_small_kenneth-hahn-state-recreation-area01

人工池やピクニックエリア、ハイキングコースも

1983年に整備された公園。現在はロサンゼルス郡が管理している。

ロサンゼルス市の発展に寄与したKenneth Hahn氏が公園の設立に尽力したことから、彼の名前がついている。

Hahn氏はロサンゼルス ドジャースを誘致したり、白人でありながら公民権運動で有名なMartin Luther King, Jrの良き理解者、支持者だったことでも知られている。

この公園は街中にあるのだが石油の採掘が盛んだったところで、今でも公園の周辺には油井があって、ポンプジャックが昼夜を問わず上下に動いて原油を汲み出している。

アメリカはテキサス州を中心としてシェールオイルが採れるようになってから中東に石油を依存する体質から脱却しつつあるが、ロサンゼルスでは昔から街のいたるところで石油を採掘していて、今でもあちらこちらでその様子を見ることができる。石油が地面に湧き出しているところもあって博物館になっている。【関連ページ】 ペイジ博物館

blog_image_small_kenneth-hahn-state-recreation-area02

様々なイベントで写真撮影

ロサンゼルスは2024年のオリンピック開催に向け誘致合戦を行っているが、実は過去2回1932年と1984年にロサンゼルスオリンピックが行われている。この公園に選手村が設営されたことでも知られている。

環境整備のために植樹が行われ、現在ではその時の木が大きく成長して自然豊かな公園になった。

入口付近には大きな人工池があって、野鳥が集まるオアシスになっている。魚もいて、時々カメが池の淵で日向ぼっこをしている。

池まで小川が流れていて、小さな滝もある。このあたりは様々なイベントの撮影スポットになっている。この日はたまたま、キンセアニェーラの一行が写真撮影をしていた。

キンセアニェーラとはメキシコの成人式のようなもので、女性は15歳、男性は18歳の誕生日を迎えると成人とされるしきたり。女性が15歳になると「15añera(キンセアニェーラ)」と呼ばれる盛大なパーティーが行われる。メキシコ系の移民にとっては結婚式よりも重要といわれるパーティーで、娘のキンセアニェーラのために親は1年以上前から準備をし、莫大な費用をかける。

blog_image_small_kenneth-hahn-state-recreation-area03

ハリウッドサインもばっちり見える

公園には100以上のテーブルがある充実したピクニックエリアが園内数か所に用意されている。週末などにはバーベキューなどを楽しむ人も多い。子供の遊具もそろっていて、家族連れが多く訪れる。

また、公園の周囲をぐるっと周回できるちょっとしたハイキングコースもある。といっても一周約2.8マイル(約4.5キロ)のアップダウンのあるコースで、普通のペースで歩いて大体1時間半ほどかかる。普段運動不足の人にとってはかなりいい運動になる。

見晴らし台からの眺めは最高で、ハリウッド サインからロサンゼルス ダウンタウンまで一望できる。高台近くまで車で行けて駐車場もあるので、時間がない方でも助かる。

入場料・駐車場は平日は無料だが、週末と祝祭日は車一台6ドルかかる。La Cienega Blvd側に車でアクセスできる入口がある。この通りは一般道なのだが、この周辺だけフリーウェイのようになっていて、歩行者は公園に行くことはできない。


PineappleLosAngeles Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ボールドウィン ヒルズ周辺の地図

 

 

<スポンサーリンク>