サノバガン

blog_image_large_son-of-a-gun

有名レストランが軒を並べるウェスト サードストリートにあるシーフード&アメリカン レストラン。人気レストランを運営するスーパーシェフたちがコラボして新しいスタイルを提案する。写真はFried Chicken Sandwich。

<スポンサーリンク>


サノバガンの情報

blog_image_small_son-of-a-gun01

一面ガラスで開放的な店舗外観

ビバリー センターファーマーズ マーケットを結ぶウェスト サード ストリート沿いは有名レストランが軒を並べるおしゃれスポット。すぐ近くにはトースト ベーカリー カフェジョーンズ オン サードがある。

サノバガンはJon Shook氏とVinny Dotolo氏の二人のシェフがコラボして新しいスタイルを提案するシーフードレストラン。

各種フード系メディアにも度々紹介される名店として知られていて、両氏はすでにスーパーシェフの名声を獲得している有名人。

新たに人気シェフのLudo Lefebvre氏を迎え、そのほかにイタリアンレストランのJon&Vinny’s、メキシカンレストランのTrois Familia、フレンチレストランのPetit TroisTrois Mec、創作アメリカンのAnimalなど近所に数件人気レストランを運営している。どのお店も人気。

blog_image_small_son-of-a-gun02

カジュアルな雰囲気の店内

店名にもなっているSon of a Gunとはスラング英語で、言い方やシチュエーションによっていろいろな意味になるフレーズ。

意外なほどすごい成果を出した相手を褒めるときに親しみも込めて「驚いた!なんてこったい!うまくやったなコノヤロー!」といった驚きを表す言葉にもなる。

あるいは、使い方によっては悪態をつくときに使う「ばかやろう!チェッ!」といった意味にもなる。

どちらにしろあまり良い言葉ではないので、英語ネイティブでない日本人はあまり口にしない方が賢明。また、一般アメリカ人との日常会話でもごくまれに聞かれる程度のフレーズということもあって、そんな言葉があるんだな、くらいに覚えておく。

blog_image_small_son-of-a-gun03

人気のパスタLinguine & Clams

シーフードレストランでありながら、なぜかFried Chicken Sandwichが人気。ジューシーな鶏肉をカリッと揚げて、たっぷりのキャベツと独特なピクルスを挟み込んだボリューム満点の逸品。

当然、シーフード料理は自慢で、Lobster Roll、Shrimp Toast、Hamachi Crudoは看板メニュー。特にLobster Rollは一度は食べておきたい一品。

更に、パスタも人気で、中でもLinguine & Clamsは貝の香りがしっかり効いた風味が食欲をそそる。比較的小さなお皿で日本人にもちょうどよい。

また、デザートのIce cream sandwichはバーガーの間にアイスクリームが挟んである創作料理で、食後にぴったり。

周辺は食事時には大変混み合う。ストリートのコインパーキングがあるが、ほとんどスペースは埋まってしまっている。多少離れた住宅街に駐車して少し歩く。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ミッド ウィルシャー周辺の地図

<スポンサーリンク>