ランディーズ ドーナツ

blog_image_large_randys-donuts

遠くからでも目立つ大きな看板が目印のドーナツ屋さん。ロサンゼルス国際空港から車で10分ほどのところにある。映画のロケ地として使われることもある。地元で大変有名な行列ができる人気店。

<スポンサーリンク>


ランディーズ ドーナツの情報

blog_image_small_randys-donuts01

窓口にあるメニュー

1953年から地元の人に愛されてきた老舗ドーナツ屋さん。

あまりにも有名で観光スポットのようになっている。ロサンゼルスに暮らす人で知らない人はいないほど。記念撮影をする人も多い。

ハリウッド映画のロケ地としても利用されることがあって、このお店の目立つドーナツの看板が出てきたら、観客に明示しなくてもロサンゼルスが舞台だということが分かるほど。

最近の映画ではアイアンマン2でヒーローのトニー スタークが看板の輪っかの中でドーナツを食べているシーンが出てきた。映画の中でいろいろトラブルがあって、トニーがちょっと落ち込んでしまった場面。

その後、黒いジャケットを着て眼帯をしているニック フューリーと席に座ってお茶するシーンが出てくるが、このお店は持ち帰り専門店なので座席はない。おそらく別の場所で撮ったシーンをつなげている。

blog_image_small_randys-donuts02

出来立てドーナツが次々と

ドーナツ自体はいかにもアメリカらしい大味。砂糖がこれでもかと入っている甘ーいもの。

しかし、ここのドーナツを食べると、はるばるアメリカにやって来たという感じがするといって何度も通う日本人ファンも多い。地元の人は大好きで、お店の前にはいつも行列ができている。

人気なのがツヤツヤしているシュガーシロップがかかっているグレーズやチョコレート オールドファッション、ベア クロー、バターミルクなど。甘いものが苦手な方は何もかかっていないPlain Cakeがおすすめ。

単に味の面だけでいうと日本人にはクリスピークリームディーケーズ ドーナツ&ベーカリーの方が合うかも。

blog_image_small_randys-donuts03

ドライブスルーも完備

お店は24時間営業だが、夜の遅い時間だと売り切れるものも多くなってくる。せっかくなので、出来立てが食べられる昼間に行きたい。

コーヒー用のカップやロゴ入りのT-シャツ、キャップなども販売されている。話題性があって日本の人に喜ばれるのでお土産にぴったり。

この周辺はロサンゼルス国際空港に隣接しているイングルウッド市。実は治安があまりよくないところ。昼間はほとんど大丈夫だが、夕方以降は近づかない方が賢明。

最近ではだいぶ治安も安定しては来ているとはいえ、ギャングとドラッグの街として有名で、アメリカ人でもあまり近寄りたがらない街。

映画Boyz N The HoodやTraining Dayといった映画ではこの街のさらに東側の治安が悪いエリアが舞台。どうしても夜になってしまった場合には、車を降りずドライブスルーなどを利用した後、すぐに立ち去りたい。


allright715 Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1

 


LAX空港周辺の地図

<スポンサーリンク>