オールド ワールド ビレッジ

blog_image_large_old-world-village

ハンティントンビーチにあるドイツをテーマにした小さなショッピングモール。今はドイツ名物オクトーバー フェストの真っ最中。日曜日には恒例のダックスフント レースもあって子供から大人まで多くの人で賑わう。

<スポンサーリンク>


オールド ワールド ビレッジの情報

blog_image_small_old-world-village01

ヨーロッパ調の屋外モール

ハンティントンビーチ市にあるオールド ワールド ビレッジ。1977年からあるドイツをテーマにした小さなショッピングセンター。

ドイツ レストランや、お土産物屋さんなどのショップが連なっていて、石畳の雰囲気のある街並みになっている。

その中の一区画を使って、今は毎年恒例のビール祭り「オクトーバーフェスト」の真っ最中。ドイツとオーストリアから直送されている本場のビールをいただくことができる。8~12ドル程度。

10月中の水~日曜日に行われている。水曜日と、木曜日は入場無料なのでお得。

blog_image_small_old-world-village02

ディアンドルを着た売り子さん

本場のオクトーバーフェスト(独:Oktoberfest)は、ご存知ドイツのミュンヘンで行われるビール祭り。大きな会場で毎年600万人もの観客が集まるといわれている。

お祭りはパレードで始まり、9月半ばから10月上旬まで数週間にわたって行われる。お祭りといっても、ソーセージを食べながらビールを飲んで、みんなで騒ぐといったところ。周囲の人もみんな酔っぱらいなので、ドイツ語が分からなくてもすぐに仲良くなれる。

両手にビールジョッキをいくつも持って運んでいるドイツ娘の写真はよく見る。このときに着ている民族衣装はディアンドル(独: Dirndl)というエプロン付きワンピース。腰のくびれを強調するために腹部がコルセットのようにきつかったりする。

男性の民族衣装はレーダーホーゼン(独: Lederhose)といって、長い靴下と半ズボンといったファッション。

blog_image_small_old-world-village03

名物ダックスフントのレース

オクトーバーフェストの期間中、日曜日はFamily Dayで子供もたくさんやって来る。目玉は3:00PM~4:00PMに行われるダックスフントのレース。中庭に10メートルほどのコースを作ってレースをする。

レースといっても一般参加のレースなので、ゲートが開いてもモジモジしている犬もいれば、途中まで走って、戻ってしまう犬もいる。無事に走り切れれば勝ててしまうアットホームな雰囲気。

ダックスフント(独: Dachshund)日本では一般的にダックスフンドと呼ばれているが、ドイツ語では文節末尾のdは濁らないため「フント」になる。

ダックスフントを飼っている人は誰でも参加は自由。オクトーバーフェスト以外でも月に一回程度レースが行われている。ウィンナー ドッグ レース(Wiener dogs race)という。ウィンナー ドッグというのは、もちろんダックスフントの胴長な姿とウィンナーをかけたダジャレ。

blog_image_small_old-world-village04

レースを終えて一休み中

オールド ワールド ビレッジでは大きなダイニングスペースがあって、ドイツのバンドの生演奏を聴きながらビールをいただける。夜になると中央のダンスホールで音楽に合わせて踊りだす人も多い。

このショッピングセンターの名前にもなっているオールド ワールド(Old World)というのはヨーロッパのこと。アメリカ大陸が発見されたときにニュー ワールド(New World)と名付けられたときに対になってできた呼び方。

ロサンゼルス周辺のドイツ村としては、このハンティントンビーチ市のオールド ワールド ビレッジの他に、トーランス市にあるアルパイン ビレッジ(Alpine Village)もある。こちらでも小規模ではあるがオクトーバーフェストが行われている。

駐車場は無料だがスペースが限られるため、満車の場合は道を挟んだ反対側の大きなショッピングモールBella Terraに駐車してもOK。


Old World Village Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ハンティントン ビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>