ポリー ランゲージ インスティチュート パサデナ校

blog_image_large_poly-languages-institute-pasadena

日本人旅行者にも人気の街パサディナで英語を学ぶ。落ち着いた雰囲気の中でじっくりと英語を学ぶことができる。経験豊かな先生たちと親切なスタッフが学生を全面的にバックアップ。

<スポンサーリンク>


ポリー ランゲージ インスティチュート パサデナ校の情報

blog_image_small_poly-languages-institute-pasadena01

バス停が目の前の校舎

1970年にパサディナ市で始まったポリー ランゲージ インスティチュート。英語を母国語としない人に英語を教える英語学校。

今回お話を伺ったのはパサディナ校。パサディナは日本人旅行者にも人気の街。訪れる人も多いハンティントン図書館も近くにある。

また、元日に行われるローズ パレードで有名な街でもある。パレードの様子は全米にテレビ中継されるほど。へんてこな仮装パレードパサディナ ドゥーダー パレードも行われる。

東のMITに対して西のCalTechといわれるほどの名門、カリフォルニア工科大学もある。ごく限られた秀才だけが入学することができる超難関校。そのほか、コミュニティーカレッジのPasadena City Collage(PCC)もすぐ近くにあったりなど学際的な街でもある。学校区として最高のところで、中学、高校のレベルはアメリカでもトップクラス。

blog_image_small_poly-languages-institute-pasadena03

親切なスタッフが学生をサポート

1学期4週間で、毎月頭か末に入学することができる。一つのレベルが終了するのに大体2学期8週間程度。

旅行者には4週間のコースも用意されている。この4週間で見違えるように英語が上達するという。幅広い年齢層の学生が学んでいる。

大学進学を前提とした準備クラスもある。ロサンゼルス周辺の大学、コミュニティーカレッジ15校と提携し、英語力が一定レベルに達した学生の進学を支援するサービスもある。

場所的に近いこともあって、Pasadena City Collage(PCC)に進学する学生も多い。

blog_image_small_poly-languages-institute-pasadena02

学生用ラウンジ

タイから来たYimさんは明るい女の子。アメリカの大学に進学するために英語の猛勉強中。進学の条件でもあるTOEFL高得点を目指している。

タイとは大きく異なるアメリカの文化や生活習慣に戸惑いながらも、今は学校側で用意している学生寮に住み、頑張っている。

英語のジャネル先生は多くの外国人学生と接してきたベテラン。各国様々な文化に対応できるように、常に外国の文化を学んでいるという。日本語も多少話せるようになってきた。

パサディナ校は日本人の割合が少ない。世界中から来ている学生とともに、英語を短期的に集中して学びたい人にはピッタリのところ。


polylang101’s Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


パサディナ周辺の地図

<スポンサーリンク>