ミッション サン ガブリエル アルカンヘル

blog_image_large_mission-san-gabriel-arcangel

ロサンゼルス中心部から最も近いところにあるカリフォルニアミッション。21のミッションのうち4番目にできた。ワインの一大生産地として当時最大のワイン生産量を誇った。

<スポンサーリンク>


ミッション サン ガブリエル アルカンヘルの情報

blog_image_small_mission-san-gabriel-arcangel03

ミッション外観

1771年にフニペロ セラ神父が主導して創立されたキリスト教カトリックのミッション(伝道所)。カリフォルニアにある21のミッション中4番目に作られた。

ロサンゼルス中心部から最も近いミッションで、15~20分ほどのドライブ。

ミッションが創立されてしばらく経った数年後、この地にいた神父やインディアン、11家族からなる集団が新しい場所に移動し小さな町を作った。現在のユニオンステーションオルベラストリートがある辺り。

オルベラ ストリートにはロサンゼルス周辺では最古の住居跡Avila Adobe (1818)が今でも残っている。The Church of Our Lady the Queen of the Angels(1822年)という教会も街の中心に建てられ、現存している。

ちなみに、この町は天使の女王の町と名付けられた。スペイン語でEl Pueblo de Nuestra la Reina de Los Angeles (英語でthe City of our Lady Queen of the Angels) この名前の一部を取って現在のロサンゼルスとなった。

blog_image_small_mission-san-gabriel-arcangel01

すぐ近くにあるグレープバイン アーバー

このミッションは、カリフォルニアワインの一大産地としても知られている。ワインはカトリックの儀礼などでも欠かせないもの。キリスト教では、パンはキリストの身体(肉)、ワインはキリストの血を表している。

当時ミッション周辺に広大なブドウ畑が作られた。1829年にご当地産のブドウで作られたワインは600バレル、ブランデーは200バレルにのぼったといわれていて、1880年代後半までカリフォルニア州最大のワイナリーとして栄えた。

ミッションのすぐ近くには当時のワイン工場の建物が残っていて、当時の様子を垣間見ることができる。グレープバイン アーバー(Grapevine Arbor)は現在博物館になっていて、パーティーや結婚式後の披露宴などで利用されることもある。無料で中を見学できる。

blog_image_small_mission-san-gabriel-arcangel02

十字架のキリスト像

グレープバイン アーバーのすぐ隣に立派な建物がある。ミッションと間違えやすいのだが、これはミッションプレイハウスという1927年に作られた劇場。

非常に凝った内装が施されている立派な劇場で、現在でも使われている。(San Gabriel Mission Playhouse

ミッションには現在小学校、高校などの学校が整備され、ミサが行われる新しい教会もできている。裏手には墓地がある。この教会の支部が車で一時間ほど行ったところの街サンバーナディーノ郡レッドランズにある。San Bernardino Asistencia

大きな駐車場があるので、空いているところに停めて構わない。受付を兼ねているギフトショップで入場料を支払うと、園内の見どころが書かれたチラシをもらえる。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


サン ガブリエル周辺の地図

カリフォルニア ミッションの地図

<スポンサーリンク>