ミッション サンフェルナンド レイ デ エスパーニャ

blog_image_large_san-fernando-rey-de-espana

ロサンゼルスからも比較的近いところにあるミッション。21のミッション中17番目にできた。ロサンゼルスへ向かう道の宿泊施設としても利用され、一時は大変裕福なミッションだったところ。

<スポンサーリンク>


ミッション サンフェルナンド レイ デ エスパーニャの情報

blog_image_small_san-fernando-rey-de-espana01

入口お土産物屋

1797年にFermín Lasuén神父によって17番目に設立されたミッション。

初期のカリフォルニアミッションで活躍したJunípero Serra神父の後継として、21のミッション中の後半9つのミッションをFermín Lasuén神父が設立した。

ベンチュラ市にあるMission San Buenaventuraとサン ガブリエル市にあるミッション サン ガブリエル アルカンヘルとの間の中間を埋めるミッションとして作られたのだが、地理的にはかなりロサンゼルス寄りの場所。

ロサンゼルス中心部は当時大きな都市に発展しつつある中で、交易の中間地点として皮や布、家畜の生産などで一時は大変な富を蓄えた。

また、ゴールドラッシュのころには場所の利を生かし、ホテルのような宿泊施設としても機能していた。San Fernando Mission Blvdの道沿いに平屋の立派な建物が今でも残っている。現在は博物館になっている。

blog_image_small_san-fernando-rey-de-espana03

ボブホープの霊廟

このミッションには、1930年ごろから1990年ごろまで活躍したコメディアンであり俳優でもあったボブ ホープの霊廟もある。

ボブ ホープは映画の黎明期に人気を博した大スターで、ラジオやテレビが一般化してからは各種のバラエティー番組で活躍した。2003年に満100歳で他界している。

アメリカ軍の慰問に精力的だったことも知られていて、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争など約60年間に約60回にわたって慰問ツアーを行っている。

スポーツにも熱心で大のゴルフファン。多くの大統領と一緒にプレーした。パームスプリングスのインディアン キャニオンズ ゴルフ リゾートなどはボブホープがよく通ったゴルフ場として知られている。

かつてはPGAツアーに名前を冠したボブ ホープ クラシックという名門トーナメントがあって46年間続いた。有名プロゴルファーが名前を連ねる世界ゴルフ殿堂(World Golf Hall of Fame)にも、ゴルフ界に大きく寄与したという功績が認められて1983年に殿堂入りを果たしている。

blog_image_small_san-fernando-rey-de-espana02

ミッション外観

一時は栄えたミッションだったが、ロサンゼルスが大きくなるにつれ、次第にロサンゼルスに移動する人が増えて、その地位を失い廃れていった。中庭は養豚場になるようなありさまだった。

歴史的価値がみなおされ1923年ごろから復興運動がおこった。教会を含むミッション全体が朽ち果てていたが、次第に再建が進んでいった。

黄金に輝く豪華な装飾が施されている教会は1806年に作られたオリジナルの教会のレプリカとして1974年に再構築されたもの。

ミッションがある場所は日本人旅行者はあまり訪れないエリアにあるのだが、車で10分ほど離れたところに1900年代初頭のクラシックカーが並ぶネザーカット博物館もある。一緒に訪れてみても楽しい。

ミッション前にはBrand Parkという整備された小さな公園もあって、噴水がある庭園になっている。なかなか雰囲気があって散歩をしたりお弁当を広げたりする人もいる。ミッションは毎日開いているが午後4時半には閉まる。ギフトショップを兼ねたチケット売り場で料金を払うと、見どころを書いたチラシをもらえる。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


サン フェルナンド バレー周辺の地図

カリフォルニア ミッションの地図

<スポンサーリンク>