コペンハーゲン ソーセージ ガーデン

blog_image_large_copenhagen-sausage-garden

ソルバングに新しくできたソーセージ&ホットドッグ屋さん。本格ソーセージをおつまみにしてビールを楽しむのもよし、パンにはさんでホットドッグでいろんなソースを楽しんでもよし。

<スポンサーリンク>


コペンハーゲン ソーセージ ガーデンの情報

blog_image_small_copenhagen-sausage-garden01

座席は全面パティオ席

今年5月にオープンしたばかりのソーセージ&ホットドッグ屋さん。デンマークはドイツと陸続きの隣国だけあって、ソーセージとビールが名物の一つでもある。

ソルバングはデンマークからの移民で有名な街。ロサンゼルスからだとフリーウェイ101番を北上して片道約3時間ほどのドライブ。街並みが北欧の雰囲気でかわいらしく旅行者に人気がある。

このコペンハーゲン ソーセージ ガーデンはAaron Running氏がレブンワース市で成功したレストランのモデルをそのまま持ち込んで出したお店。同氏は現在7つのレストランを経営する。

このモデルとなっているレストランはワシントン州シアトル近くのワナッチー国立森林公園への入口にあるLeavenworth Sausage Gartenというお店。

レブンワース(Leavenworth)はドイツ村として有名で、ドイツのバイエルン州(Bayern。英語ではBavaria)を模して造られた町並みはおとぎの国のよう。春の訪れを祝うメイフェスト、ソーセージ祭り、秋のビール祭りやリーフ・フェスティバル、ロマンチックなクリスマスのライトアップなど一年を通して観光客を楽しませている。アメリカ西海岸で是非とも行きたい街の一つ。

blog_image_small_copenhagen-sausage-garden02

世界各国の代表的な味付けが楽しめる。

カウンター上にあるメニューからソーセージを選ぶ。現在11種類のソーセージが用意されていて、好きなソーセージを3本選べるサンプラーもある。サンプラーは一本ずつ頼むよりお得。(1本8~9ドル程度)

ソーセージの横には国旗のマークがついていて、それぞれの国の代表的な味付けがされている。メキシコの国旗の横にはスペイン由来のチョリソ (Chorizo) 、ドイツの国旗の横にはボックヴルスト(Bockwurst)といった具合。

パンを付けるかどうか聞かれるので、ホットドッグ風に楽しみたければ付けてもらう。一本一本が大きくて結構おなか一杯になる。スナックとしては十分すぎるボリューム。

20種類近いソースも用意されているので、自分の好みの味を選ぶことができる。ケチャップとマスタードといった定番から、なんだかよくわからない名前のソースまであるがどれも美味。

blog_image_small_copenhagen-sausage-garden03

各種ソースを楽しめる。

ソーセージにつきものなのがビール。軽いものから重いものまで30種類程度用意されている。ラガー系、白ビール系(Wheat)、エール系、シードル系のビールから選ぶことができる。

好きな6種類のビールをちょっとずつ試すことができるサンプラーも用意されている。どれもおいしくてグビグビいける。いろいろと試してみるのも楽しい。

Charcuterie board(シャルキュトリー)は薄切りサラミ、チーズなどの盛り合わせ。これがまた、ビールのおつまみに最高。ビール好きにはおすすめ。2人前、4人前から選ぶことができる。

座席は全席屋外のパティオ席になっている。空いている席に自由に座って構わない。布シェードがかかっているので日よけが必要な人は影をうまく見つけて座る。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。 よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ソルバング周辺の地図

<スポンサーリンク>