モントレーベイ水族館

blog_image_large_monterey-bay-aquarium

ピクサーの人気アニメ、「ファインディング ドリー(Finding Dory)」でモントレー海洋生物研究所としても描かれている人気水族館。目の前に広がるモントレー湾の自然をメインに550種類以上の展示がある。

<スポンサーリンク>


モントレーベイ水族館の情報

blog_image_small_monterey-bay-aquarium01

ロビーにも様々な展示

元々イワシの缶詰工場だったところを、1984年デービッド パッカード氏が改築して作った水族館。年間200万人も訪れる人気水族館。

デービッド パッカード氏はIT業界の超有名人で、HPのロゴでおなじみのヒューレット パッカード社の創立者。とんでもないお金持ちで様々な慈善事業に積極的にかかわった。1996年に永眠している。

当初、パッカード氏は5500万ドル(1ドル100円として55億円)を拠出して立派な水族館を作った。のちに、モントレー湾水族館研究所を設立するために1300万ドル(1ドル100円として13億円)を寄付した。

娘のジュリーは海洋生物学者でこの水族館の館長になっている。パッカード財団が運営費など主な資金を提供している。以来モントレーは水族館の街としても知られるようになった。

blog_image_small_monterey-bay-aquarium02

イワシの缶詰工場時代の展示

社会現象にもなったピクサーの人気アニメ「ファインディング ニモ(Finding Nemo)」の舞台はオーストラリアのグレートバリアリーフの海だった。

続編として2016年に公開された「ファインディング ドリー(Finding Dory)」では、ドリーが父のチャーリーと、母のジェニーを探す旅に出掛けるというストーリー。

ドリーが生まれ育った海洋生物研究所として舞台になったのが、このモントレーベイ水族館。オーストラリアから故郷のモントレーの海へとやって来る。途中、様々なアクシデントに見舞われながらのハラハラ・ドキドキの大冒険。

ピクサーのスタッフが映画作成のために事前にこの水族館に通い、リサーチをしたことはよく知られている。

blog_image_small_monterey-bay-aquarium03

人気のタッチプール

モントレー湾に面した水族館では、主にモントレー周辺に生息する550種以上の動植物を3万5千点以上も展示していて、じっくり見て回ると半日があっという間に過ぎてしまう。

やはり子供たちの姿がたくさん見られる。近所の学校では、遠足などでもよく利用するとのこと。

初めて見る海洋生物の不思議な姿に歓声を上げる子供たち。つられて大人たちも一緒に楽しんでしまう。

人気の展示のタッチプールでは水の中に手を突っ込んで、ヒトデなどを直接触ることもできる。係りの人が傍にいていろいろ説明してくれる。中には怖くて泣き叫ぶ子供たちもいたりしてなかなか賑やか。

別途、館内ツアーも用意されていて舞台裏などを見せてくれる。6歳以上が対象だがファミリーの場合は例外で幼児がいても可。(一人15ドル)

blog_image_small_monterey-bay-aquarium05

面白い仕掛けも随所に

水族館の目玉がペンギン、ラッコ、サメなど魚や動物たちへの餌付け。餌の時間はスケジュールになっていて、入館時に渡されるチラシやホームページで事前にわかる。

もちろんニモもいる。ニモは日本語ではクマノミといわれる魚。英語ではClownfish。別名でAnemonefishと呼ばれていて、Nemoはこの単語の途中にある言葉を取って名付けられた。

タツノオトシゴやクラゲといった変わった形の生物もいる。クラゲは見方によってはちょっと不気味ではあるが、光があたると様々な色を見せたりして優雅に泳ぐ姿は神秘的だったりする。

最も大きな水槽にはジャイアントケルプが展示されている。日本語ではオオウキモと呼ばれているカリフォルニア周辺で生息する海藻で昆布の仲間。海面に達するまで伸び続け、その長さは50メートル以上になることもあるという。成長が早く一日に50センチ程度伸びることもある。ケルプが群生して森のようになっている海域はダイバーに人気のスポット。

blog_image_small_monterey-bay-aquarium06

キャナリーロウ(Cannery Row)

水族館を出たところはキャナリーロウという通りになっている。

以前は魚工場が林立していたところだが、今ではお土産屋さんやシーフードレストランが並ぶおしゃれなエリアになっている。

どのレストランもおいしいと評判だが、旅行者におすすめなのがババ ガンプ シュリンプ。サンタモニカ ピアにもある有名レストランでモントレーでも人気。

食後は周囲の海沿いの道を散策しても楽しい。比較的こじんまりしたエリアでブラブラ歩くにはちょうど良い。オールド フィッシャーマンズ ワーフまでは車で10分程度。

周囲には駐車場もあるが料金が一日15~20ドル程度とちょっと高い。水族館を見た後、食事をしたりゆっくりする予定がある人は半日程度の時間が必要なので構わないところだが、2時間程度の滞在であれば、道沿いのコインパーキングに停めるといい。


Monterey Bay Aquarium Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


モントレー周辺の地図

<スポンサーリンク>