オールド フィッシャーマンズ ワーフ

blog_image_large_old-fishermans-wharf

サンフランシスコから南へ車で2時間ほどのところにある美しい港町モントレー。昔は漁業で栄えた。湾の中心にあるのがフィッシャーマンズワーフ。名物クラムチャウダーは必食。

<スポンサーリンク>


オールド フィッシャーマンズ ワーフの情報

blog_image_small_old-fishermans-wharf01

フィッシャーマンズワーフ入口

オールド フィッシャーマンズ ワーフがあるモントレーはスペインのキリスト教宣教師によって開拓されたところ。

ロサンゼルスから車で約5時間半~6時間。サンフランシスコから約2時間ほど。英語ではMontereyと書くが、日本語ではモントレーの他にモンテレーと表記されることもある。

一時はメキシコの領土だったカリフォルニアだが、1846年から2年間にわたってメキシコとの間で行われた米墨戦争によってアメリカの領土となった。その戦争はテキサス州を獲りあうものが中心だったが、カリフォルニアで大きな戦いがあったのがモントレー。(モントレーの戦い1846年)当時は軍事上重要な要塞の街だった。

ヘンリー ミラーやジョン スタインベックなどのアメリカを代表する作家が在住していたところとしても知られている。中でもスタインベックの「エデンの東」はモントレーや隣町のサリナスを舞台にしたものとして有名。1955年にジェームズ ディーン主演で映画化されて以降、世界でテレビドラマや舞台演劇などの題材になっている。

blog_image_small_old-fishermans-wharf02

シーフードレストランが並ぶ

かつてはカリフォルニアの州都があって最も栄えていた。ゴールドラッシュがあって以降一気に人口も増えた。

以前はイワシ漁などの漁業で栄えた街。今では主産業というわけではないのだが、過去の歴史もあって、海産物がおいしいところとして知られている。

モントレー湾に突き出た大きな桟橋にフィッシャーマンズ ワーフがある。1870年ごろから大きな魚工場ができ始め、桟橋は1913年には正式にモントレー市の所有となっている。

サンフランシスコのフィッシャーマンズ ワーフより小規模なものの、おいしいシーフードレストランが集まっているところとして有名。

中でも名物のクラムチャウダーは是非とも食べておきたいものの一つ。パンをくりぬいた中にスープが入っているものは大体10ドル程度。そのほかカニやエビなどシーフード好きにはたまらないメニューが並ぶ。

blog_image_small_old-fishermans-wharf03

名物クラムチャウダー

ビッグ サーの北の始点としても知られていて、この街からロサンゼルス方面の南に向かってドライブする人も多い。

モントレーベイ水族館は有名で、この街に来たらとりあえず一度は訪れたいところの一つ。

毎年9月には有名なモントレージャズフェスティバルも開催される。アメリカでも最も歴史のあるジャズフェスティバルの一つ。

すぐ近くにあるカーメル市はメルヘンなかわいらしい観光地として知られている。キリスト教の伝道の拠点として使われた教会や施設の21のミッションのうちのひとつ、カーメルミッションがある。

モントレーの西側は半島になっていて、半島の周囲を巡る海岸線を走っている道17マイルドライブがあって、最高の景色が楽しめる道。(入園料10ドル)

blog_image_small_big-sur03

ペブル ビーチ ゴルフ リンクス

また、この半島には大きな大会が開催されるゴルフ場があることで有名なペブルビーチがある。

ペブルビーチ ゴルフリンクス、スパイグラスヒル、スパニッシュベイ、デルモンテゴルフコースの4つのゴルフコースがある。プレーするには最低2泊リゾートに宿泊してプレーする必要がある。ゴルファー憧れのコース。

そのほかポピーヒルズ ゴルフコース、デルモンテ ゴルフコースなど有名なゴルフ場が集中している。

大変人気で予約が難しいので、日本からの旅行者がペブルビーチでゴルフをするには、通常旅行代理店などを通して申し込むことが多い。


City of Monterey Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


モントレー周辺の地図

<スポンサーリンク>