ヨセミテ バレー シャトル

blog_image_large_Yosemite-Valley-Shuttle

バレー内をグルグル巡回する無料のシャトルバス。バレー内の主だったスポットに21のバス停がある。好きな場所で乗り降り自由。4か所のバス停ではYARTSとの接続がある。

<スポンサーリンク>


ヨセミテ バレー シャトルの情報

blog_image_small_Yosemite-Valley-Shuttle01

番号が書かれて分かりやすいバス停

● Yosemite Valley Shuttle (無料)

ヨセミテ バレーの主だったところに停まる無料の巡回バス。全部で21のバス停があって、順番に巡る。21番まで来たら、また1番から順番に停車する。

【地図】 Yosemite Valley Shuttle System

【運行】 通年。7:00AM~10:00PM。10~20分間隔。積雪の場合、15~19番バス停は閉鎖。

園内の込み具合によって運行するバスの便数が変わって来るが、大体10~20分間隔くらいで次々とバスがやって来る。バレーの全体的な様子を把握したい場合、最初から最後まで乗ってみるのもいい。全工程で大体50分~1時間ほど。

春先から夏にかけての混み合うシーズンは車の駐車スペースを見つけるのに苦労する。その場合、車は駐車場(Day-use Parking)に置いておいて、バレー内をシャトルバスで移動するのが賢い。

blog_image_small_Yosemite-Valley-Shuttle02

バス内部の様子

● El Capitan Shuttle (無料)

夏季のみ運行している、バレーの西側を巡るシャトルバス。主に、ピクニックエリアでのんびりしたり、マーセド川で水遊びするなど、一か所に数時間滞在して遊ぶ人たちに便利な路線。

【地図】 El Capitan Shuttle Route

【運行】 6月16日~9月4日まで。9:00AM~6:00PM。毎時0分と30分発。30分間隔。バレーシャトルの5番バス停Valley Visitor Center発。

バス停は4か所。バレーシャトルの5番バス停①Valley Visitor Centerを出発し、②El Capitan Picnic Area、③El Capitan Meadow、④Four Mile Trailを巡り戻って来る。

blog_image_small_Yosemite-Valley-Shuttle03

マーセドまでの長距離バスYARTS

● YARTS 長距離バス (有料)

空港や鉄道などがある周辺の街とヨセミテバレーを結ぶ長距離バス。Merced行き、Sonora行き、Mammoth Lakes行き、Fresno行きの4路線がある。

VIAのバスを使うこともあるが、バス前面にわかりやすいようにYARTSのサインが入っている。

【ホームページ】 YARTS Public Transit to Yosemite

【運行】 通年。Merced – ヨセミテ間約3時間。途中10か所程度のバス停に停まる。Merced行は毎日8往復(夏期)。Fresno行は夏のみ。料金は路線による。料金に入園料も含まれる。

【接続】 バレーシャトルの3番バス停The Majestic Yosemite Hotel、5番バス停Valley Visitor Center、8番バス停Yosemite Valley Lodge、13-Bバス停Half Dome Villageと接続。

Mercedは小さな街だが、ヨセミテへの交通アクセスが充実しているゲートシティーとして有名。Mercedまで鉄道のAmtrak、長距離バスのGreyhound、飛行機などの公共交通機関などを利用する。サンフランシスコ、あるいはロサンゼルスからMercedまでやってきて、ヨセミテ行きのYARTSバスに乗り換えるのが一般的。

特にAmtrak(San Joaquins)はYARTSとの接続が良く、ホームページの目的地(To)にYosemiteと入れると鉄道+バスの両方の料金を同時に支払うこともできる。(入園料込み)


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ヨセミテ国立公園周辺の地図

<スポンサーリンク>