ヨセミテ国立公園

blog_image_large_Yosemite-National-Park

ヨセミテ国立公園はアメリカのみならず世界的にも有名な国立公園。世界遺産にもなっている。自分の目で見て体感したい絶景の数々。写真はグレイシャーポイントから見る日の出のハーフドーム。

<スポンサーリンク>


ヨセミテ国立公園の情報

blog_image_small_Yosemite-National-Park02

有名なトンネルビュー

1890年からアメリカの国立公園に指定されているヨセミテ国立公園。世界中から旅行者が年間350~400万人訪れる。

グランドキャニオンと並び最も有名な国立公園の一つで、アメリカに来たら一度は訪れたい超有名旅行スポット。今年アメリカの国立公園システムは100周年を迎える。

季節によって全く異なる顔を見せる。それぞれの季節を楽しむために、何度も訪れたい国立公園。

春には透き通った雪解け水が公園内を潤し各地に巨大な滝が出現する。夏には水量はかなり減り滝も姿を消す。キャンプやハイキングなどのアクティビティが楽しめる季節。秋はかなり気温も下がってきて、紅葉が園内を美しく彩る。雪に閉ざされた冬でも公園は一部オープンしている。

blog_image_small_Yosemite-National-Park01

ヨセミテを代表する絶景バレービュー

ヨセミテ国立公園は広大で自然を十分堪能するには、数日間にわたるキャンプやハイキングが最もポピュラーな方法だが、一般の旅行者にはちょっとハードルが高い。

数時間あるいは一日程度しか時間が取れない一般の旅行者は、ビジターセンターを中心に見どころの多いバレー地域を見てまわるのが一般的。

バレーはハイキングがてら歩いて回ることもできる程度の比較的狭いエリア。小さな子供や高齢者などでも安心して迫力の大自然を体験できる。鹿やリス、鳥などの動物も数多く姿を見せる。

バレー内には無料のシャトルバスが巡回し、レストランやスーパー、ホテルなどの施設が充実している。園内ツアーも催行されているので、見どころを効率的に巡ることができる。

blog_image_small_Yosemite-National-Park03

園内の施設も充実

バレー付近には絶景ポイントがたくさんあって、記念写真を撮る人たちであふれている。

本格的に写真の勉強をしている人たちで知らない人はいないほどの巨匠アンセル アダムスは、このヨセミテの美しい風景を数多く残している。

彼がスタジオとして使っていた場所はビジターセンターのすぐ近くにある。現在はギャラリーとなっていて、写真やお土産を扱うお店として使われている。

サンフランシスコから車で片道約5時間、ロサンゼルスから約7時間程度。サンフランシスコからの方が近いこともあって、日帰りツアーを催行しているツアー会社も多くはサンフランシスコ発だが、ロサンゼルスから行く旅行者も少なからずいて、日本語のバスツアーなどのサービスも充実している。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ヨセミテ国立公園周辺の地図

<スポンサーリンク>