エンゼル スタジアム オブ アナハイム

blog_image_large_Angel-Stadium-of-Anaheim

メジャーリーグベースボール(MLB)のアメリカン リーグ西地区のエンゼルスのホーム球場。ディズニーランドがあるアナハイム市にある。エンゼルスは2002年にワールドチャンピオンにも輝いたことがある名門チーム。

<スポンサーリンク>


エンゼル スタジアム オブ アナハイムの情報

blog_image_small_Angel-Stadium-of-Anaheim01

スタジアム入口

1966年にできた天然芝の野球場。アメリカン リーグでは最も古い部類に入る。

ディズニーランドから車で10分程度のところに位置していて、57番フリーウェイを走っているとBig Aと呼ばれるAngelesのAをデザインしたタワーのオブジェと球場が見えてくる。

入口には大きなエンゼルスのキャップの大きなオブジェが二つ置かれている。この下では試合前などの様子を伝えるテレビ中継をするスタジオが用意されている。

ドジャースタジアムは左右対称だが、このエンゼル スタジアム オブ アナハイムは外野が多少形が変形していて、向かって右側のライト方向は距離は短いもののフェンスが高くなっている。そのためライト方向に打つ左バッターにはやや不利だといわれている。

blog_image_small_Angel-Stadium-of-Anaheim02

エンゼルスのグッズ屋さん

今年、創立50周年を迎える同スタジアムだが、整備が行き届いていてきれいな野球場。お手洗いなどもきれいに手入れされていて問題はない。

チームのグッズを販売するショップの他、ホットドッグ、ナチョス、ビールなどを販売するお店などが多数配置されていて、あまり混み合うことはなく、効率的に買い物ができる。

随所に係員が配置されていて、座席の場所を案内したり観客の誘導もしっかり行われている。

座席はセクション(ブロック)ごとに分かれていて、最もグラウンドに近い100番台から観客席最上階の500番台まである。各セクションの中にRow(列)がa~zなどと割り当てられていて、その列ごとにSeat(席番)の番号が割り振られている。

blog_image_small_Angel-Stadium-of-Anaheim05

ネットがない内野席

キャッチャー裏のバックネットだけが張られているが、内野席にはフェンスがなく、選手の動きがよく見える。

ちょっと危ないような気もするが、グローブ持参でファウルボールを取る気満々で観戦している人もいる。

球場にはそのほかLexus Diamond ClubというVIPルームも用意されていて、バックネット裏2階のガラス張りの部屋で、最高の見晴らしの中観戦ができる。スナックや飲み物のサービスなどもある。

一般の人でもこのチケットを購入することができる。ちょっと高くて150~175ドル程度。ちなみに外野席や500番台の席でよければ7~20ドル程度とかなりリーズナブル。内野席は50~70ドル程度。

blog_image_small_Angel-Stadium-of-Anaheim04

ホームランが出ると花火と炎でお祝い

ホームのエンゼルスの選手がホームランを打つと、外野席中央に設置された岩の滝から炎が噴き出し、花火が上がる。

取材日は運が良くて、エンゼルス5本のホームランが飛び出す展開で、このアトラクションが何回も見られて観客も大満足。ちなみに対するレッズもホームランが1本あったのだが、その時は何もなし。

エンゼルスが同点か負けているときには、サルのマスコットがスクリーンに映し出され応援する。

このサルはラリーモンキーといって、過去にスクリーンに出したらエンゼルスが逆転勝利したことがあって、それ以来縁起を担ぐ意味もあって、エンゼルスの習わしとなっている。

今年のエンゼルスはちょっと不調で8月末現在、アメリカンリーグ西地区最下位の5位となっている。リーグ優勝を争っている例年の強さが全く見られず、アスレチックスと激烈な最下位争いをしているところ。8月頭の11連敗がきつかった。何をやっても勝てる気が全くしなかったほど。あと一か月ちょっとシーズンがあるので、どこまで順位を上げられるかに注目したい。

blog_image_small_Angel-Stadium-of-Anaheim03

広大な駐車場

チケットはホームページからオンラインで購入できる。あるいは、平日のゲームであれば、席は比較的余裕があって、上層階や外野席には空席もある。当日券でも十分楽しめる。

エンゼル スタジアムに行く一般的な方法は車。一般車の駐車代は10ドル。球場を取り囲むように広大な駐車場が用意されている。

そのほか、車が運転できない方やビールなどのお酒をたくさん飲む予定の人はUberの利用が多い。駐車場横にはUber専用の乗降スペースも用意されている。

あるいは、試合がある日はユニオンステーションから、MetroLinkがAngeles Expressという特別列車を出している。球場のすぐ隣にAnaheim駅がある。往復大人7ドル。子供4ドル。

スケジュールや時刻表などの詳細はこちら。画面下の方にあるGENERAL OVERVIEWなどのリンクをクリックすると詳細が表示される。 ⇒ Angels Express


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


アナハイム周辺の地図

<スポンサーリンク>

One thought on “エンゼル スタジアム オブ アナハイム

  1. Pingback: エンゼルスタジアムの特徴を紹介!岩も人気?! | 野球のある生活

Comments are closed.