テイスト オブ ブリューズ

blog_image_large_Taste-of-Brews

ビールがうまい!地ビールが盛んに生産されているロサンゼルスとサンディエゴの中小メーカーが一堂に会し、サンプルをふるまってくれるイベント。ビール好きにはたまらない。

<スポンサーリンク>


テイスト オブ ブリューズの情報

blog_image_small_Taste-of-Brews03

60種類もの地ビールが集まる

今年で6年目を迎える地ビールの祭典。毎年、5月リバーサイドと8月ロングビーチの2回開催されている。

ロサンゼルスやサンディエゴは地ビール製造が盛んな土地柄として有名。中小規模の地ビール業者がユニークなビールを生産している。

まだ、名前も知られていないような小さなブリュワリーが集まって、自分たちが作った自慢のビールをみんなに飲んでもらおうというイベント。

60社以上100種類以上の様々なビールが惜しげもなくふるまわれる。来場者は昼間からビールを飲んでご機嫌。パーティー慣れしているアメリカ人らしく、節度を持ってお酒を楽しんでいて、羽目を外すような人はほとんどいない。

blog_image_small_Taste-of-Brews01

小さなジョッキはもれなくもらえる

費用は入場料のみ。入口で小さなプラスチック製のジョッキがもれなくもらえる。このジョッキをそれぞれのブースに持っていくと無料でビールを注いでくれる。

用意されているビールのラインアップは幅広く、IPAからベルギー、ポート、スタウト、ジンジャーやハードサイダーに至るまで、ユニークなビールが並んでいる。

標準的な5度を超える、アルコール度数がちょっと高めのビールもある。飲まなきゃ損とばかりにガンガン行っていると、途中からフラフラになる。

かなり大きく成長してきているBeachwood BrewingRock BottomBelmont Brewing CoKarl StraussLagunitasFirestone Walker Brewing Companyといった地元で有名なメーカーや、これからの成長が期待されているFour SonsYorkshire SquareMacLeod Aleなどのビールも見逃せない。

blog_image_small_Taste-of-Brews02

無料サンプルを好きなだけ

会場はロングビーチの灯台の周辺で、駐車場からは少し歩く。アウトレット店などが並ぶPikeの駐車場か、パシフィック水族館の駐車場に停める。2時間6~10ドル程度。

この他にも、これからいくつか別の団体がビール祭りを行う。アメリカは未成年者の飲酒は厳格に禁止されていて、入場する際は運転免許証などのIDの提示が求められる。アメリカの免許所を持たない旅行者はパスポートが必要。

2016年8月27日(土)6:00PM~10:00PM。サンペドロのバトル シップ (戦艦) アイオア前の広場で行われるSan Pedro Beer & Bacon Fest

2016年9月10日(土)7:00PM~10:00PM。ロングビーチで行われる。Long Beach Beer Festivalなどがある。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロングビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>