二世ウイーク 日本祭

blog_image_large_Nisei-Week-Japanese-Festival

毎年夏にリトル東京で開催される日本・日系人のお祭り。約一か月間にわたって様々な催し物が開催される。期間中周辺の日系施設で様々なイベントが開催される。写真は8月14日(日)に行われたパレードの様子。

<スポンサーリンク>


二世ウイーク 日本祭の情報

blog_image_small_Nisei-Week-Japanese-Festival01

パレードを盛り上げる舞い

1934年から始まったアメリカ最大の日系社会のお祭り。今年で82年目になる。約一か月間にわたって様々なイベントが開催される。

1900年前後にアメリカに渡った、初期の日本人移民が引退する時期になったときに次世代へ日本の文化を伝えていこうとはじめられたもの。

1929年に始まった世界的な恐慌時代に、経済的な問題から廃れてしまったリトル東京をなんとか復興していこうと、その目玉として考えられたということもあった。

第二次世界大戦時の6年間は開催ができなかったなど、大変な時代を乗り越えて、現在のような最大なお祭りが人々の手によって守られてきた。

blog_image_small_Nisei-Week-Japanese-Festival02

2016年のクイーンたち

お祭りの中心的なイベントであるパレードはリトル東京日本村周辺を一周する。比較的短い距離だが、沿道には多くの人々が集まった。

参加者は事前に練習を繰り返すなど、お祭りを迎えるにあたって準備で大変。毎年多くの人たちによってお祭りが支えられている。

在ロサンゼルス日本国総領事館から総領事、名古屋市から副市長や幹部なども来てパレードに参加した。ロサンゼルスは名古屋市と姉妹都市。名古屋市から贈呈された金のおみこしが、ロサンゼルス市庁舎に飾られている。

2016 Nisei Week Queenに選ばれたのはJaclyn Tomitaさん。他部門で選ばれた計7名のクリーンたちもパレードに参加した。

blog_image_small_Nisei-Week-Japanese-Festival03

ベテラン(退役軍人)も

パレードには、ベテラン(退役軍人)たちも参加した。アメリカでは国のために戦った兵士をとても大切に扱っている。

第二次世界大戦では日系人の兵士たちはヨーロッパなどでアメリカのために勇敢に戦い、目覚ましい活躍をした。そのほか、朝鮮戦争やベトナム戦争に出兵した退役軍人たちも参加した。

8月20日(土)にはデイリーフーズ主催の餃子早食い大会なども開催される予定。

リトル東京周辺の道路はパレードのために閉鎖されるので、周囲は大渋滞になっていた。ダウンタウンの駐車料金は全体的に高め6~20ドル程度。


LA THIS WEEK Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ダウンタウン周辺の地図

<スポンサーリンク>