レット マカロン

blog_image_large_'lette-Macarons

フランス出身のオーナーとシェフが作る人気のマカロン。ロサンゼルスの人々を魅了する口どけの優しいサクサクの生地。セレブの街ビバリーヒルズから始まり、現在では6店舗に。

<スポンサーリンク>


レット マカロンの情報

blog_image_small_'lette-Macarons02

店内の様子

ロサンゼルスでもマカロンは大人気。

フランス流の奇をてらわない洗練されたマカロンで定評のあるレット マカロン。14種類の定番商品のほか時々スペシャルマカロンも店頭に並ぶ。

2007年、フランス出身のオーナーPaulette Koumetzさんと、様々な受賞歴を持ち日本の神戸でも一年間働いたこともあるフレンチシェフChristophe Michalak氏がビバリーヒルズに創業。

元々の店名は、オーナーの名前をとったPaulette Macaronsだったのだが、現在では名前部分を短くした’lette Macaronsになっている。

ビバリーヒルズでセレブの心をつかみ評判となった。現在ではロサンゼルス周辺に5店舗、サンディエゴに1店舗の計6店舗を展開している。

blog_image_small_'lette-Macarons03

柔らかい口どけのマカロン

店頭には色とりどりのかわいらしいマカロンが並ぶ。どれを選ぶか、いろいろ目移りしてしまうところ。

もちろん個別(1つ1.85ドル)でも購入できるが、6個入り(11ドル)とか12個入り(22ドル)のギフトボックス入りで持ち帰る人がほとんど。

パーティー用で大量買いする人もいて、中には60個入り(129ドル)を購入する人もいる。丸い花びらのように見える箱や、タワー型の箱など、デザインやプレゼンテーションがかわいらしい。

どれも人気だが、salted caramel、coconut、madagascar vanilla、rose、earl grey teaなどがおいしい。14種全部制覇したいところ。

blog_image_small_'lette-Macarons01

リトル東京店外観

一号店のビバリーヒルズ店は、メインストリートのWilshire Blvdから一本南に入ったところにある。Beverly Wilshireのホテルの裏側にあたる。

日本人旅行者もよく訪れるリトル東京店は、以前は別の場所にあったのだが、現在は日本村プラザ(Japanese Village Plaza)内にある。

そのほか日本人がよく行くところでは、オールド パサディナ店やニューポートビーチのファッション アイランド店など。

ロサンゼルス周辺の店舗ではChristophe Michalak氏がいるビバリーヒルズ店で作ったマカロンを販売している。

お店はショーケースだけが設置されている小さなお店で、お茶をできるようなスペースはないので、持ち帰ってできるだけ早めに食べたい。


Lette Macarons Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1

 


ロサンゼルス周辺のレット マカロン地図

 

<スポンサーリンク>