ジャズ @LACMA

blog_image_large_Jazz-at-LACMA

ロサンゼルス郡立美術館LACMAで毎週金曜日の夜に無料のジャス演奏会が開催されている。ロサンゼルスを代表するジャズマンたちが華麗な演奏を繰り広げる。

  • 【ウェブサイト】 Jazz at LACMA
  • 【Yelp!】 Jazz at LACMA
  • 【Yelp!】 Latin Sounds at LACMA
  • 【ウェブサイト】 Sundays Live
  • 【演奏時間】
    • Jazz:4月~11月。毎週金曜日夕方6時~。BP Grand Entrance
    • Latin Sounds:5月~9月。毎週土曜日夕方5時~。Hancock Park
    • Sundays Live:12月~6月。毎週日曜日夕方6時~。Leo S. Bing Theater
  • 【料金】 無料。
  • 【駐車場】 1日12ドル。

<スポンサーリンク>


ジャズ @LACMAの情報

blog_image_small_Jazz-at-LACMA03

LACMAの象徴Urban Lightのすぐ裏が舞台

ロサンゼルス カウンティ 美術館 (LACMA)で毎週末、無料で行われるライブ。

金曜日午後6時からはジャズ。土曜日午後5時からはラテン。日曜日午後6時からはクラシック。それぞれ開催される期間が少しずつ異なるので、スケジュールをこちらでチェック。

各曜日ともアメリカ国内外から有名なミュージシャンが登場し、地元ラジオ局の協力のもと収録された演奏はラジオでも放送される。

ジャズは今年で20周年。ラテンは10周年。クラシックは1948年から始まっているので68年目になる。

blog_image_small_Jazz-at-LACMA01

芝生でくつろぎながら音楽を楽しむ人々

LACMAはキャンパスに建物が点在している大きな総合美術館。

ジャズはBP Grand Entranceが会場。正面入り口のUrban Lightという街灯がいくつも集まった展示のすぐ裏がステージになる。

ラテンはHancock Parkが会場。正面から入っていくと建物の裏手の芝生の広場がある。

クラシックはLeo S. Bing Theaterが会場。隣接するペイジ博物館側の建物内のシアター。

ジャズとラテンは青空コンサートで座席に限りがあるため。ほとんどの人は芝生に座り込んで音楽を楽しんでいる。慣れている人はキャンプ用の折り畳み椅子や敷物をもっていく。

blog_image_small_Jazz-at-LACMA02

入り口横のバーは特等席

ジャズ、ラテン、クラシックとも人気だが、最も来場者が多いのはジャズ。ステージから近い座席は早い者勝ちなので、座りたい人は1時間以上前からきて、席を確保している。

遅く来ると後ろの方の芝生から見ることになるが、遠くからでも強力なスピーカーで音楽は聞こえる。

後ろの方ではミュージシャンの姿はほぼ見えない。小さな子供が走り回って遊んでいたりするほどカジュアル。

美術館も開館しているので、アートと音楽を一度に楽しむこともできる。

駐車場はWilsher Blvdを挟んで反対側にある。駐車料金は1日12ドルと少し高い。周辺の路上駐車できるところはいつも埋まっていて、スペースを見つけるのはなかなか大変。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ミッド ウィルシャー周辺の地図

<スポンサーリンク>