ユニクロ

blog_image_large_UNIQLO

日本では知らない人はいないユニクロ。今や、日本だけではなく世界14か国で展開しているグローバルブランド。上質なファストファッションとして、アメリカでも次々と新店舗をオープン。

<スポンサーリンク>


ユニクロの情報

blog_image_small_UNIQLO01

サンタモニカ店外観

日本では知らない人はいないほど有名なユニクロは、1984年広島県で一号店を開店してから、破竹の勢いで成長。

今年2016年、ジーユーなど関連ブランドも含めると世界で3000店舗以上を展開するまでになっている。

アメリカでは2005年からニュージャージー州を足がかかりに、店舗展開を開始。現在ではアメリカ国内8州に45店舗を開くまでになっている。

翌年2006年にはファッションとアートの街ニューヨークのソーホーに続き、2011年にはニューヨーク5番街にグローバル旗艦店をオープンし、大きなニュースになった。

blog_image_small_UNIQLO02

ストレッチジーンズも人気

ロサンゼルス周辺にも6店舗あって、ビバリーセンター店が旗艦店。どの店舗も立地は最高。

ただ、積極的な出店攻勢の半面、売り上げは伸び悩んでいる。グローバルブランドを不動のものにするためには、アメリカ市場をなんとしても制覇したいところだが、なかなか思うようにはいっていない。

ユニクロの戦略にいろいろな意見が寄せられているところだが、そもそも、アメリカのアパレル市場では過激な競争が行われている。一時期爆発的な人気を得ていた有名ブランドであっても、数年の間にあっという間に倒産する。

そんな中、どこまで頑張れるかユニクロの力が試されている。

blog_image_small_UNIQLO03

日本っぽいデザインも

デザインは、日本で販売されているものとほぼ同じ。価格帯も同じような感じ。ただ、大きさはアメリカサイズになっていて、同サイズで比較するとかなり大きい。

また、乾燥機に入れるとよく縮む。おそらくアメリカの乾燥機のせいだと思うのだが、日本では考えられないくらいの旧式が堂々と販売されている。

日本では洗濯といえばベランダなどで干すのが当たり前だが、アメリカでは条例などで天日干しが禁止されている地域も多い。そのため、必ず乾燥機を使用することになる。

日本人旅行者がよく訪れるところは、サンタモニカプレイス店サウスコーストプラザ店など。


UNIQLO USA Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。 よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1

 



ロサンゼルス周辺のユニクロ

 

<スポンサーリンク>