ケーシーズ クレープ カフェ

blog_image_large_KC's-Crêpes-Café

ロサンゼルス国際空港からもほど近いところにある、日本のクレープが食べられるお店。デザート系、お食事系ともに充実したメニューで、若いローカルに大人気。

<スポンサーリンク>


ケーシーズ クレープ カフェの情報

blog_image_small_KC's-Crêpes-Café03

店舗外観。

K.C. ワクナガ氏によって2003年にオープンした日本式クレープ屋さん。ロサンゼルス国際空港からも近い場所にあって、若いローカルにも人気。

クレープというと東京原宿などで食べられる若者向けのスイーツという印象があるが、これはかなり日本人好みに改良を加えられたもの。

ロサンゼルスでもスイーツとして、おいしいクレープを提供しているフレンチ レストランはいくつもある。本来的には正統派のクレープのはずだが、日本人にはこれじゃないと思ってしまうところ。

そんな中、ケーシーズでは、まさしく日本で食べれる三角錐の立体的なクレープがいただける数少ない貴重なお店。

blog_image_small_KC's-Crêpes-Café04

店内の様子

大通りに面しているが、ちょっと隠れ家的な感じのする店舗で、しっかり場所を確認していないとうっかり通り過ぎてしまいそう。

さほど広くはないのだが、前面ガラス張りの開放的な店内で、テーブル席とカウンター席がある。気軽なおしゃべりにはもってこいの雰囲気。最近リモデルした。

メニューはデザート系、お食事系ともにそろっている。甘いものが好きな人と、おなかを満たしたい人、それぞれが楽しめるお店になっている。

お客さんは女性が多いが、もちろん男性でもおいしくいただけることもあって、カップルなども多く見かける。近所の学生などは日常的に通っている人も多い。

blog_image_small_KC's-Crêpes-Café02

つくり方も日本と同じ

かわいらしい店員のお姉さんがチャキチャキとクレープを焼いてくれる。忙しくても冷静にオーダーをさばいていく。

1980年代に台湾で誕生したタピオカ入りのBoba Teaも人気。粒々がなんともいえずおいしい。ロサンゼルス周辺には台湾系、韓国系のBoba専門店もたくさんあって、どこも繁盛している。

10個食べると1つ無料というサービスがあって、スタンプを集めている人も多い。以前は現金のみだったが、一部クレジットカードも使えるようになった。

ロサンゼルス国際空港から車で10分程度のところにあるので、ロサンゼルスに到着したとき、あるいは日本に帰るときにちょっと寄れるのもうれしい。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1

 



LAX空港周辺の地図

<スポンサーリンク>