オリーブ ガーデン イタリアン キッチン

blog_image_large_Olive-Garden

イタリアンをアメリカ風にアレンジした料理が人気のファミリーレストラン。全米に展開するチェーン店でどのお店も混み合っている。お通しで提供されるブレッドスティックがおいしい。

<スポンサーリンク>


オリーブ ガーデン イタリアン キッチンの情報

blog_image_small_Olive-Garden01

店舗外観

1982年にシリアルのメーカーとして有名なGeneral Millsの一部門として始まったイタリアンテーマのファミリーレストラン。

わずか数年でフロリダ州を中心として150店舗にまで急拡大したあと、現在では、ほぼ全米に約850店をチェーン展開するまでになった。

巨大企業がバックについていることもあって、豊富な資金を武器に世界戦略に乗り出していて、カナダを筆頭にメキシコ、クェート、ブラジル、マレーシアに進出している。

今後も拡大していく予定だが、今のところ日本への進出については何もアナウンスがされていない。

blog_image_small_Olive-Garden02

店内の様子

日本では珍しくなくなったが、アメリカのファミリーレストランとしては、いち早くタブレット端末の卓上注文キオスクの導入を進めていて、注文やクレジットカードでの会計もできるようになっている。

これは人員削減ということではなくて、サーバーがより対面サービスに時間をかけられるようにする目的があるとのこと。実際、店内には一般のレストランよりも多めの人員配置をしている。

ファミリーレストラン全般にいえることだが、サービス面に難ありと批評されることが度々あって、各社改善にさまざまな工夫を始めている。

食事時には大勢のお客さんで賑わうため、どの店舗も大型で、外装・内装ともにしっかりしたつくりになっている。

イタリアンをテーマにしているだけあって主メニューはパスタ。できるだけ本場の味に近づけようと、毎年スタッフをイタリア研修に1週間送るなどの努力をしている。

blog_image_small_Olive-Garden03

3種のパスタTour of Italy

アメリカ人にはAlfredo系のパスタが人気で、チキンやエビなど数種類用意されている。

席につくとお通しのように置かれるブレッドスティックはちょっと塩味が効いているパンで、単体で食べてもいいのだが、サラダのドレッシングやパスタのソースにつけながら食べると更においしい。食べ始めると止まらなくなってしまう。

ワインもリーズナブルでディナー時にはボトルで注文する人も結構いる。ほとんどの店舗にはバーも併設されているので、アペタイザーをつまみにワインやカクテルを飲んでいる人も多い。

ロサンゼルス周辺にもたくさんお店があって、ショッピングモール内に入っていることもあるので行きやすい。


Olive Garden Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス周辺のオリーブ ガーデン

<スポンサーリンク>