コーヒー コネクション

blog_image_large_Coffee-Connection

忙しい街ウェストロサンゼルスにありながら、静かで落ち着いた中庭を備えているコーヒーショップ。月に一回ジャズなどのセッションも行われる。オーガニックコーヒーが自慢のサードウェーブ。

<スポンサーリンク>


コーヒー コネクションの情報

blog_image_small_Coffee-Connection01

重厚な扉の店舗入り口。

2000年にできたコーヒーショップ。同じ建物に教会が入っていて、その教会が母体となっている。

店名にもなっているコーヒー コネクションは、14世紀から続く人々の習慣から付けたもの。

トルコを中心とした東地中海地域や西ヨーロッパでは、昔からカフェは人が集まるところで、さまざまな人的交流があって商談なども行われていた。

今でも、ちょっとしたミーティングなどを喫茶店で行うことはよくあって、会社の会議室よりもくだけた雰囲気があるため、好んで利用する人も多い。

そんな人と人との交流の場を提供できればという思いが込められている。

blog_image_small_Coffee-Connection02

ラテとチョコレートクロワッサン

コーヒーはオーガニックのサードウェーブで、Grounds for Change社から仕入れている。この会社はオーガニックコーヒーを専門に扱う会社で、フェアトレードをミッションとしている。

歴史的に、コーヒーの生産は旧宗主国などの植民地だった地域で行われてきていて、過酷な労働条件の中ようやく作り出したコーヒーを安く買いたたかれるという不平等な取引が横行していた。

生産量を増やすため農薬を多量に使って、環境にも人体にも良くないコーヒーが多量に出回っていた。

一方、コーヒーブームの中、自然環境や人体にやさしいコーヒーを求める声が大きくなったこともあって、オーガニックコーヒーが注目を集め、生産地から見直そうとする動きが起った。しっかりと生産地にお金が落ちる仕組みをつくって、安心安全なコーヒーをつくってもらおうというのがフェアトレードの考え方。

blog_image_small_Coffee-Connection03

マフィンやクロワッサンもおいしい

コーヒー コネクションには25種類のコーヒーがあって、サードウェーブでありながらブレンドも多く提供している。いろいろ利きコーヒーをしても楽しい。紅茶もあって、グリーンティーラテは人気。

店内は広く、屋内のスペースの他に半屋外の中庭もあって、楽しく会話に熱中してしまっても他に迷惑がかかりずらい。

この中庭で月に一回、第二あるいは第三木曜日にJava Jam!と題されたジャズセッションが行われる。大体夜の7時~9時ごろまで。詳細はこちら ⇒ Calendar

店舗裏や横、コインパーキングなど駐車スペースも豊富。朝早くからオープンしているので、朝食に日常的に利用している常連客も多い。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


カルバーウェスト / マービスタ周辺の地図

<スポンサーリンク>