ダウンタウン サンタバーバラ

blog_image_large_Downtown-Santa-Barbara

アメリカでも最も美しい街の一つと言われ、スペイン風の趣のある建物が並ぶサンタバーバラ。多くの観光客がバケーションに訪れる。セレブの別荘が多いことでも有名。年間300日は晴れている。

<スポンサーリンク>


ダウンタウン サンタバーバラの情報

blog_image_small_Downtown-Santa-Barbara03

街の中心ステート ストリート(State Street)

1700年代のスペイン人の入植がこの街の起源。その後、メキシコ領になった後、アメリカに併合された。

年間300日は晴れという地中海気候でワインの生産が盛ん。そのため、周辺にはワイナリーが多く、街の中ではワインを楽しめるお店がたくさんある。人口は10万人程度と小さな町だが、大学がある学園都市としても知られている。

街の中心を走るステート ストリート(State Street)がメインストリートで、かわいいカフェやレストラン、ブティックなどが軒を並べるショッピングストリートになっている。街歩きにはぴったりのおしゃれスポット。

バスが走っていて、ステートストリートを走るダウンタウン シャトル(Downtown Shuttle)と海岸線を走るウォーターフロント シャトル(Waterfront Shuttle)の2本がある。片道50セントで10~15分おきに走っている。これらのバスが行く範囲が主な見どころとなっている。MTD Santa Barbara(バス)

blog_image_small_Downtown-Santa-Barbara01

屋外ショッピングモールパセオ ヌエボ

ステート ストリートの中ほどにはパセオ ヌエボ(Paseo Nuevo)という屋外型のショッピング モールがある。

メイシーズノードストロームがキーテナントで、全体で約70店舗の小売店、レストラン、カフェなどが入る。通路が比較的狭く、漆喰やツタの外壁がヨーロッパの街中を思い起こさせる。

また、小さなアーケードのLa Arcadaでは、地元のレストランや小売店、お土産物屋などが並び、通路には小さな彫刻や銅像が飾られている。花壇がふんだんに配置されて色とりどりの花がおしゃれな雰囲気を醸し出している。

街路樹の木漏れ日の中を街歩きをしながら、おしゃれなカフェでちょっと一休みなど、ゆったりとした上質な時間を楽しめる。自転車のレンタル屋さんも多いので、街をグルッとひと巡りしたい方には強い味方。レンタル屋さん一覧。

blog_image_small_Downtown-Santa-Barbara02

ヨーロッパのようなショッピングエリアLa Arcada

ステート ストリートは北西から南東に向かって斜めに走っていて、北西へ上ってバスの終点付近からは、サンタバーバラ カウンティー コートハウスへ数分で歩いて行ける。

南東に下って終点まで行くと海に出る。そのまま海に突き出ている大きな桟橋はスターンズ ワーフ(Stearns Wharf)といって、小さな商店やレストランなどがある。ここもまた散策すると楽しいエリア。

バスを乗り換えて海岸沿いを走ると、ヨットハーバーがあるサンタバーバラ湾、動物園などもある。途中サンタバーバラ観光案内所があって、無料で地図をもらえたり、街の見どころなどを教えてくれる。

アートが盛んな街でもあって、道で地元アーティストたちの力作が販売されている。それらの作品を見て回るだけでも楽しい。治安はとてもよく、安心して街歩きが楽しめる。


VisitSantaBarbaraCA Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


サンタバーバラ周辺の地図

<スポンサーリンク>