フリーモントストリート エクスペリエンス

blog_image_large_Fremont-Street-Experience

華やかな街ラスベガス。街の中には無料アトラクションがたくさんあって、それぞれ人気を呼んでいる。ラスベガスに行ったら必ず行っておきたいところの一つが、フリーモントストリート エクスペリエンス。

<スポンサーリンク>


フリーモントストリート エクスペリエンスの情報

blog_image_small_Fremont-Street-Experience02

スロット ジラで滑空する人

ギャンブルの街として知られるラスベガスだが、大人たちが楽しめる雰囲気は残しつつ、子供も楽しめるファミリー向けの街として生まれ変わろうとしている。

街の中には無料で楽しめるアトラクションがたくさんあって、その中の一つがダウンタウン ラスベガスにあるフリーモントストリート エクスペリエンス。家族全員で楽しむことができる。

歩行者天国の通りに、1500フィート(約450メートル)もあるスクリーン付きの屋根を設置し、スピーカーを多数配置してある。音と映像のハイテク アーケードとして有名で、毎日迫力の映像が放映される。

1995年に完成しているが、その後、消費電力を抑えたり、より微細な表現ができるように、さまざまな改良を経て現在の形になっている。映像の上演は日没後、一時間ごと毎正時に行われる。演目は毎時間異なるが、どの時間の演目も大体10分以内。

blog_image_small_Fremont-Street-Experience01

スロット ジラ発射台

また、2014年にはスロット ジラ(SlotZilla zip line)が完成し人気となっている。スクリーンの下にワイヤーが張られていて、ハーネスでぶら下がった人が数百メートルも滑空する。

12階建て相当のスロット ジラ発射台にエレベーターで上がり、そこからスーパーマンのように滑空する。距離の長いZoomline(45ドル)と約半分の距離の短いZipline(25ドル)がある。

距離が長いZoomlineは最高時速40マイル(約65キロ)にもなるというスリル満点のエンターテイメント。ラスベガスにせっかく行くのであれば、子供からお年寄りまで、是非とも一度は体験したい。

通りを歩いていると頭上を数人の人が「シャー」と滑空している。ワイヤーは数本張られていて、一度に数人が楽しめるようになっている。

blog_image_small_Fremont-Street-Experience03

無料のライブコンサート

その他、通りでは無料のライブコンサートがほぼ毎日開かれていて、バンドが軽快な音楽を演奏している。

ド派手でセクシーな衣装のお姉さまたちが待ち構えていて、一緒に写真を撮ってくれる。値段がまちまちなので、撮影前に確認しておくとよい。

また、年末年始のカウントダウンが行われることでも有名。数万人という人が集まってくる。ギュウギュウ詰めになりながら新年を祝うのは毎年恒例となっている。

これらのイベントは、ラスベガスの中心が新しくて豪華なホテルが立ち並ぶ南のストリップという通りに移っている中で、ダウンタウンに多くの人々を呼び戻そうと考えられたもの。その思惑は見事にあたり、多くの人がダウンタウンまで足を運ぶようになっている。ラスベガスにいったら一度は行っておきたいところ。


Fremont Street Experience Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ラスベガス周辺の地図

<スポンサーリンク>