エル セグンド ブリューイング カンパニー

blog_image_large_El-Segundo-Brewing-Company

ロサンゼルスの地ビール評価で常に上位を独占する有名ブリュワリー。製造工場の一部がビア バーになっていて、出来立てビールを楽しむことができる。

<スポンサーリンク>


エル セグンド ブリューイング カンパニーの情報

blog_image_small_El-Segundo-Brewing-Company01

レストラン入り口

2011年にRob Croxall氏が創業した地ビールメーカー。わずか数年で急成長し、多くのファンを獲得している。

彼はもともと趣味で自家製ビールをつくっていた。友人からプレゼントされたビール作りキットがきっかけだったという。

勤めていた宇宙航空会社の業績不振もあって自ら転職の道を選び、クラフト ビール会社を立ち上げた。

地ビールを生産するにあたり、実践的な農業で有名なカリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)でビールの製造技術を学んだ。(Brewing science and brewery engineering)

数々のローカルメディアに紹介され、今ではロサンゼルスの地ビール ランキングで常に上位に顔を出すまでになっている。地元に熱烈なファンがいるというだけではなく、アメリカ各地に出荷され、全米で知られるようになってきている。

blog_image_small_El-Segundo-Brewing-Company02

店内にある樽のオブジェ

店内に入ると、飾り気のないビール工場の雰囲気で、タンクや樽などを間近に見ることができる。日中は実際にここでビールを生産している。

さらに進むと簡単な座席スペースの奥に、バーが用意されていて、ここでビールを注文する。初めてここに来た人はいくつかのサンプラーを少しづつ試せるフライト(Flight)がおすすめ。5種類注文できる。

エール系やIPAを得意としているので、そのあたりを中心にいくつか試してみると、自分の好みのビールが見つかる。人気なのは、White Dog、Blue House、Hop Tankerなど。

ビールの種類について多少知識があると、さらに地ビールの楽しみが広がる。こちらでも紹介している。ゴールデン ロード ブリューイング

食事は提供していないので、純粋にビールを楽しみに行きたい人向け。隣のAndiamo Pizzaからバッファローウィングなどのおつまみが無料提供されている。早めの時間に行かないとあっという間になくなる。時間がある人の中には、そちらのピザ屋に食べに行く人もいる。

blog_image_small_El-Segundo-Brewing-Company03

ビール作りの現場を見れる

ロサンゼルス国際空港があるエル セグンド市にあって、日本人旅行者にとっては行きやすい場所にある。

この街の小さなメインストリートに位置していて、レストランや雑貨店などが並んでいる。

道を挟んだ反対側にRock & Brewsという、ちょっと派手なビア レストランがあって、世界中のビールを飲むことができる。

エル セグンド ブリューイング カンパニーの地ビールを初めて仕入れてくれたレストラン。レストラン側としてもこれ以上ないフレッシュなビールを顧客に提供できると喜んでいる。


TappedIn SoCal Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


エル セグンド周辺の地図

<スポンサーリンク>