ザ ワイン ハウス

blog_image_large_The-Wine-House

倉庫のような大きなスペースに圧倒的な在庫を誇る、ロサンゼルスでも有数の規模のワイン屋さん。カリフォルニア ワインを中心に世界のワインが7000種類以上。

<スポンサーリンク>


ザ ワイン ハウスの情報

blog_image_small_The-Wine-House02

圧倒的な在庫量

30年以上にわたって、有名ワインから貴重なワインまで取り扱ってきたアメリカ国内でも有数の規模を誇るワイン屋さん。

7000種類以上の国内産、外国産のワインを在庫し、あらゆるニーズにこたえている。陳列棚だけでは収まりがつかず、段ボール箱でそのまま陳列するほど。

中でも、ご当地カリフォルニア ワインは質・量ともに圧倒的な品ぞろえ。サンフランシスコ北部のナパ バレーやロサンゼルス郊外のテメキュラといったアメリカ有数の産地のワインはほとんど取り扱っている。

店に行ってから店員のアドバイスを受けながらワインの選ぶのも楽しいが、大量のワインを前にして途方に暮れてしまうこともあるので、はじめからある程度目当てのワインを決めてから行くと時間を無駄にせずに済む。

blog_image_small_The-Wine-House03

世界のワインが集結

世界中のワインが集結していて、スペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、チリなどなど主だったワインの産出国はほとんどカバーしている。

通常のワイン屋さんでは、ワインの種類ごとに分類されているのはよく見かける方法。ここでは国別に分かれていて分かりやすい。

近年、日本のワインもアメリカで評判を上げてきていて、一部に熱狂的なファンを持つまでになっている。約40種類の日本産ワインが在庫されている。

日本産いうことで言えば、一部お酒も取り扱っている。日本食ブームでお寿司屋さんなどでお酒の味を覚えたアメリカ人がわざわざ買いに来る。あまり細かいスペックなどは後回しにして、お酒もワインの一部といったような、ざっくりした感覚で楽しんでいるとのこと。

blog_image_small_The-Wine-House01

屋上駐車場からの入り口

ワインの教室が毎週のように開催されていたり、テイスティング ルームも完備していたりしていて、ワイン イベントなど企画も多い。

ワインを選ぶ際に参考になるように、ワインには様々な格付けが行われているが、最も有名なのがRobert Parker’s Wine Advocate

Wine Spectatorなどの格付けも点数付きで表示されていたりするので、ワインを選ぶ際の参考になる。

駐車場は屋上にある。上り下りする坂が狭いので対向車に注意する。駐車した後、階段を下りるとお店のドアがある。

夏などは車内の温度が高くなりすぎて、ワインが変質することもあるので、購入するときはできるだけ温度が低く保たれるような工夫が必要。スーパーなどでも安く販売されている保冷バッグなどを持っていくとよい。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ウェスト ロサンゼルス 周辺の地図

<スポンサーリンク>