ソルスティス キャニオン

blog_image_large_Solstice-Canyon

日本人旅行者にも人気のマリブ中心部から車で10分程度西にドライブしたところにあるハイキングコース。山火事で廃墟になったTropical Terraceとその横にある小さな滝を見に行く。

<スポンサーリンク>


ソルスティス キャニオンの情報

blog_image_small_Solstice-Canyon04

ケラーハウス

開放的なオーシャンビューを楽しめるマリブのハイキングコース。

サンタモニカから約30分ほど。パシフィック コースト ハイウェイ(PCH)を西に走り、ゲティ ヴィラの横を通り、マリブ ビーチ(ピア)をこえ、マリブ カントリー マートも過ぎて、更に10分ほどドライブしたところに入り口がある。

駐車場は2か所あって、入り口付近に数台程度の駐車場、その奥に20台程度の駐車場がある。

ここは特に入場料などは必要なく、車を駐車したらそのままハイキングを開始できる。駐車も無料。ただ、週末は混み合い、駐車スペースを確保するのが大変。見つからない場合は、空くまで待か、PCHまで戻りスペースを探す。

blog_image_small_Solstice-Canyon05

トロピカル テラス

駐車場から管理された広いトレイルが伸びていて、お手洗いなども数分歩いたところに完備されている。この道はSolstice Canyon Trailというトレイルで、比較的平坦で広い。(途中橋を渡ってRoberts Rdに名前が変わる。)

途中、1982年に起こった大規模な山火事Dayton Canyon Fireによって、焼失した2つの家の廃墟がある。消失前は立派な家だった。この火事によって7万5千エーカーにわたって山が燃え、周囲の125件が同様に消失した。

Keller Houseは、トレイルのほぼ中ほどにあって、橋を渡るとすぐ近くまで見に行けるが、フェンスが周囲を囲っているので中には入れない。

トレイルの終点にTropical Terraceと呼ばれているRoberts Homeがある。この家は1952年に建築家Paul Williams氏によって設計されたもの。

彼はビバリー ヒルズ ホテルやロサンゼルス郡高等裁判所、ロサンゼルス国際空港(LAX)中心にある円形の展望ルームにアーチ状の4本の足が出ている特徴的なテーマビルも手掛けている。

blog_image_small_Solstice-Canyon02

Rising Sun Trailの登り坂

このTropical Terraceの脇に小さな滝(Waterfall)があって、この滝が終着点。滝と言っても水がチョロチョロ出ている程度の小さなものだが、春先になると水量が増す。

Solstice Canyon Trailは整備された歩きやすい道で、駐車場の高度約100フィート(約30メートル)から、Tropical Terrace付近の約430フィート(約130メートル)ほどの比較的平坦な道。

約1.3マイル(約2キロ)くらいなので、のんびり歩いても40分ほど。そのため小さな子供や普段かなり運動不足と思われる体格の人たちまで、気軽にハイキングを楽しんでいる。

周囲には大きな木も多く、日陰ができて歩きやすく、鳥もたくさん見ることができる。たまにコヨーテも顔を出す。この道を往復するだけで、十分ハイキング感は満喫できる。

blog_image_small_Solstice-Canyon03

見晴らし最高のオーシャンビュー

体力に自信のある方は、Tropical Terraceから伸びるもう一つの道Rising Sun Trailが楽しい。

かなり急な登り坂で、高度770フィート(約230メートル)付近まで登る。普段運動不足を自覚されている方には相当きつく、トレイルのすぐ脇は崖になっているので危ない道でもある。

3分の1くらいで頂上付近まで来る。あとの残りはダラダラとした下り。海に向かって降りていくので、太平洋が一望できる最高の景色。晴れた日には遠くサンタ カタリナ島を望むことができる。駐車場まで休まず歩いて約1時間ほど。

マリブはサンタモニカ山脈が背後にあって、国や州によって管理されている公園やハイキングコースが多い。その中でもソルスティス キャニオンは最も人気のコースの一つ。


ロサンゼルス旅行ガイド Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ソルスティス キャニオンの地図

<スポンサーリンク>